“千両役者”メッシが途中出場で千金弾!バルサが2年連続26回目のリーガ制覇を達成!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月28日

途中出場から17分で…。

メッシが挙げた1点を守りきったバルサ。3節を残してリーガ制覇が決定。(C)Getty Images

画像を見る

 4月27日(現地時間)に開催されたラ・リーガ35節で、首位のバルセロナがレバンテに1-0で勝利。3節を残して2年連続26回目のリーグ優勝を飾った。

 勝てばリーガ制覇が決まるバルサは、来週のリバプールとのチャンピオンズ・リーグ準決勝を睨み、リオネル・メッシをベンチに温存した。

 立ち上がりからレバンテを押し込んだバルサは2分、アルトゥーロ・ビダルのスルーパスを受けたルイス・スアレスがシュート。これはGKアイトール・フェルナンデスの正面を突く。

 5分にフィリッペ・コウチーニョが放ったミドルはGKの好セーブで防がれ、その直後のCKからクレマン・ラングレが狙ったヘッドも惜しくも外れる。

 その後もバルサが一方的にボールを支配。21分にスアレス、24分にコウチーニョ、その1分後にもコウチーニョのヘッドと次々にレバンテゴールを急襲するも、ことごとくフェルナンデスに防がれる。40分のコウチーニョのFKもバーを叩いた。
 
 前半で8本の枠内シュートを放ちながら決めきれなかったバルサは、たまらず後半の頭からコウチーニョに代えてメッシを投入する。

 ようやくフェルナンデスの牙城を破ったのは、62分。決めたのはやはりメッシだった。ビダルがヘッドで落としたパスを受けたアルゼンチン代表FWは、エリア内でDFふたりをかわして左足のシュート。ついに均衡を破った。

 その後はレバンテの反撃に遭い、67分には大ピンチを招くも、ホセ・ルイス・モラレスのシュートミスに助けられる。

 終了間際にも決定機を作られながらもポストに救われ、千両役者が奪った1点を守りきったバルサの優勝が決定(25勝8分け2敗)。これでここ11年で8回目の戴冠となり、宿敵レアル・マドリーを大きくリードしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ