「両方獲りに行く」長谷部誠、ELタイトル&CL出場権の“ダブル獲り”宣言!「重要なのは…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月23日

熾烈な4位争いが続く

ヴォルフスブルク戦でフル出場を果たした長谷部。終了間際に追いつかれたものの、「悪くない」とコメント。(C)Getty Images

画像を見る

 長谷部誠が所属するフランクフルトは、ブンデスリーガ30節でヴォルフスブルクとのアウェー戦に臨み、1-1で引き分けた。78分に途中出場のジョナサン・デグズマンのゴールで先制に成功したが、90分にジョン・アンソニー・ブルックスに同点ゴールを許し、勝利目前で追いつかれた。

 この日も3バックの中央からチームを統率した長谷部は試合後、悔しさを滲ませながらも、試合結果は妥当だという見解を示した。

「最後だけ見たらもったいない試合だったなと思うんですけど、試合全体を見たらだいぶ自分たちも疲れていて、相手にかなりチャンスを作られていた。勝点1を持って帰れるのは悪くないと思います」

 これで、1ポイントを加えた勝点は53となった。チャンピオンズ・リーグ(CL)出場圏内の4位につけているとはいえ、5位のボルシアMG、6位のホッフェンハイムとの勝点差はそれぞれ2と3。予断を許さない状況だ。

「ボルシアMGはちょっと躓いてますけど、ホッフェンハイムやレーバークーゼンもきているし、ブレーメンもいい。簡単な戦いにはならない。とにかく残りのリーグ戦はあと4試合。次のヘルタ・ベルリン戦は勝たないといけない。毎試合毎試合ヒリヒリした戦いが続くのかなと思います」

 元日本代表MFは、ラストスパートに向けて改めて気を引き締めていた。
 
 ブンデスリーガでのCL出場権獲得と準決勝に進出しているヨーロッパリーグ(EL)の制覇。ここまで来たらどちらかを選ぶつもりはない。

「もちろん両方獲りに行きたい。どっちがというのはね、今の自分たちにはない。リーグもヨーロッパリーグも両方こういう立ち位置にいれるというのは、本当に願ってもない、素晴らしいことだと思う。身体的にきついはきついんですけど、この時間を本当にドイツ語でいうGenießen(ゲニーセン)というのかな、本当に楽しみたいというか、そういう感じはありますよね」

 過密日程が続けているフランクフルトにとって、ここから重要になるのは何か。「身体的なリカバリーもそうですけど、一試合も気の抜けない戦いになるんで、やっぱり頭の部分でちゃんと調整しないといけない」。

 若い選手が多い中で「自分も経験ある選手としてチームを支えていかないといけない。最後の最後までやり遂げたいなという気持ちが強いですね」と語る表情からは、主力選手としての強い自覚が感じられた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ