ロッベン獲得にFC東京がオファー!? イタリアの移籍専門メディアが報道!

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月22日

家族が日本行きに前向きとも。

バイエルンで名声を築いたロッベンがFC東京に加入することになれば、Jリーグを賑わせるのは必至だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ドイツの絶対王者で一時代を築いた韋駄天ドリブラーは、新天地にJリーグを選ぶのだろうか?

 現地時間4月21日、イタリア・メディア『Calcio Mercato』は、バイエルン・ミュンヘンに所属する元オランダ代表MFアリエン・ロッベンに対し、「FC東京がオファーした」と報じた。

 世界的名手の動向は昨年末から注目されてきた。というのも、昨年12月に今シーズンいっぱい(2019年6月末)で満了となるバイエルンとの現行契約を更新しない意向を発表。約10年間に渡って在籍したバイエルンとの別れを決断したからだ。

 世代交代を目論むクラブの意向もあっての決別だが、現在35歳となったロッベンのパフォーマンスが急激に衰えたわけではない。ここ数シーズンは膝の持病や状ふくらはぎの故障によって欠場する試合も少なくないとはいえ、今シーズンは出場した公式戦15試合で5得点・2アシストと、コンディションさえ良ければ、まだ結果を残せることを証明している。

 その実績十分なアタッカーの新天地には、イングランドやドイツ、オランダをはじめとした西欧諸国、さらにサッカー新興国であるアメリカやアジアなど、様々な候補地が取り沙汰されてきた。そしてこの度、欧州サッカー界の移籍情報を日夜追っている『Calcio Mercato』が、次のように報じたのだ。
 

「今年6月に切れるバイエルンとの契約を更新しないアリエン・ロッベンに対し、現在、日本のJリーグで首位を走るFC東京がオファーを提示した」

 オファーが事実かは定かではない。だが、FC東京とロッベン側の交渉は今年1月の段階から幾度となく報じられてきたニュースであり、意向が強く反映されると言われるロッベンの家族も日本行きには前向きだという。

 チェルシーやレアル・マドリーでもプレーし、バイエルンでは7度のブンデスリーガと1度のチャンピオンズ・リーグ制覇を経験したロッベン。そんな大物がJリーグに挑戦することになれば、ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタやダビド・ビジャ、サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスらの参戦に続く驚きのニュースであり、Jリーグが世界から注目を集めるのは必至だ。

 はたして、ロッベンは青赤のユニホームに袖を通すのか。欧州サッカー界がシーズンの佳境を迎えるなか、その動向からいよいよ目が離せなくなってきた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ