【セルジオ越後の天国と地獄】狙いはどこに? アギーレの選手選考に疑問

カテゴリ:特集

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年10月09日

1か月前に抜擢した選手を簡単に切る。見る目がない証では?

一貫性がなく、狙いが見えにくいとセルジオ氏はアギーレ監督の選手選考に疑問を呈す。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

『週刊サッカーダイジェスト』の人気コーナー「セルジオ越後の天国と地獄」をサッカーダイジェストWebで公開中!

※週刊サッカーダイジェスト10.21号(10月7日発売号)より

――◆――◆――
 
 10月10日のジャマイカ戦と14日のブラジル戦に臨む日本代表のメンバーが発表されたね。
 
 香川と権田がワールドカップ以来、ハーフナーが昨年10月以来、太田と西も久しぶりに復帰した。さらに小林、昌子(後に負傷で辞退)、塩谷らが今年4月の候補合宿以来の選出となったけど、前回に続いて今回もまた、僕は首をかしげてしまったよ。
 
 3人目のGKを代えて、アギーレ監督はなにがしたいんだろう。林のなにが悪かったのか、じゃあ権田はなぜ前回呼ばれなかったのか。はっきり言って意味不明だ。
 
 それに、絶好調のガンバの宇佐美が呼ばれず、首位を走るレッズからも西川しか選ばれなかった。逆に中位のFC東京から4人も選出されている。そういえば前技術委員長も、現技術委員長もFC東京の出身だから、推薦でもしているんじゃないのかな。そう勘ぐりたくもなる人選だ。
 
 また、依然として欧州組至上主義というのも気になった。ハーフナーも田中も柿谷も、クラブで出場機会を失っているのに選出された。アギーレ監督は欧州組に関して「15日前にリストを送らなければならない」と言った。でも、レターを送ったからと言って必ず招集しなければいけないわけじゃない。現に前回、香川や原口は直前に怪我をして、招集を取りやめている。
 
 前回、皆川や坂井ら実績のない選手を呼んでおいて、今回呼ばなかったことにも疑問を感じるよ。クラブでも出番が少なかった選手を抜擢して、すぐに切ったということは、「自分に見る目がなかった」と言っているようなもの。経験の浅い選手を呼ぶからには、長い目で見る必要がある。そうじゃなければ、その選手の将来のためにも呼ぶべきではなく、機が熟すまで待つべきなんだ。
 
 あと、吉田が怪我で辞退し、グランパスの田口が追加招集された。センターバックのレギュラーが負傷したのに、代わりに呼んだのが若いボランチというのも腑に落ちない。森重をセンターバックで起用すればいいという判断なのかもしれないが、それなら前回、森重をアンカーで起用し、今回わざわざMF登録にしたのは、なんだったんだろう。新監督がなにを考えているのかよく分からないのは、僕だけではないはずだ。
 
 こちらに狙いがはっきりと分かるように、ジャマイカ戦ではきっちりと結果を出してほしい。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】予算が気になって重い腰を上げられないJクラブ
【セルジオ越後の天国と地獄】香川を褒めるのはコンスタントに結果を残してからでも遅くはない
【日本代表】アギーレ流4-3-3を読み解く ポイントは「誰が」「どこで」「誰と」プレーするか――
【U-21日本代表】アジア大会総括|隣国のライバルが浮き彫りにした若き日本代表の現実
【日本代表インタビュー】FC東京 森重真人「私的アンカー論」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ