横浜vs名古屋、白熱の攻防の末に1-1ドロー! 両ブラジル人FWがネットを揺らす

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月13日

後半は互いにチャンスを作るも生かし切れず

8分、ジョーが先制ゴールを奪う。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは4月13日、7節の2試合を開催。日産スタジアムでは、横浜F・マリノス対名古屋グランパスの一戦が行なわれ、1対1の引き分けに終わった。


 試合は立ち上がり、名古屋が敵陣に押し込みチャンスを創出。開始4分、長谷川アーリアジャスールのパスを受けたジョーが決定的なシュートを放つが、これはGK朴一圭の好守に阻まれる。しかし8分、名古屋は宮原和也が相手のファウルを誘ってPKを獲得。これをジョーが落ち着いて沈め、名古屋が先制した。

 だが横浜もすぐさま反撃。11分に松原健がカーブをかけたテクニカルな左足のシュートを放つもポストを直撃。それでも20分、自陣からカウンターを発動すると、三好康児のスルーパスに抜け出した仲川輝人が中央へ折り返しのラストパス。これをマルコス・ジュニオ―ルが右足で決めて横浜が同点に追いついた。

 30分、名古屋にアクシデント。守護神のランゲラックがボールを追った横浜の遠藤渓太と激突し、負傷退場となってしまう。名古屋はランゲラックに代えてGK武田洋平を投入した。

 前半を1-1で折り返した後半は、球際の攻防が激しく、一進一退の展開に。横浜は三好、名古屋はガブリエル・シャビエルの両レフティがチャンスを演出するが、決定的なシーンには至らない。

 結局、後半は互いにチャンスを量産するも決め手を欠き、1-1のドローに終わった。 

【横浜FM 1-1 名古屋 PHOTO】白熱の攻防戦は両ブラジル人FWがネットを揺らすも決め手を欠きドロー終了・・・

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ