【J1ベストイレブン】2G1Aの大活躍!横浜の元U-20ブラジル代表FWをMVPに!|6節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月09日

圧巻!40mドリブルからの一撃を見舞ったレオ・シルバも選出

【6節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは、4月5日・6日に各地で第6節の9試合を開催した。ここでは今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。
 
 アウェーで浦和に3得点の快勝を収めた横浜からは、最多の3名をセレクト。中盤での再三のボール奪取で、相手に自由を与えなかった喜田拓也。巧みなポジショニングで存在感を発揮した三好康児。そしてなんといってもマルコス・ジュニオールは、相手のミスを突いて先制点を挙げると、後半には追加点を奪取し、ダメ押しの3点目もアシスト。2ゴール・1アシストを記録して、チームの4試合ぶりの勝利に貢献した。
 
 全得点に絡む活躍を見せた、この元U-20ブラジル代表FWを今節のMVPとした。
 
 無失点記録を5試合連続に伸ばした広島からは、チームを勢いづかせる先制点を決めた柏好文。首位・名古屋との一戦を制した鹿島からは、圧巻の40mドリブルから決勝ゴールを挙げたレオ・シルバを選出。
 
 また清水に逆転勝ちを収め、2位をキープしたFC東京からは、2試合連続得点でチームに勝利をもたらしたディエゴ・オリヴェイラ。敵地で札幌を下した大分からは、右サイドを制して何度も好機を演出した松本怜を選んだ。
 
 最終ラインの3枚には、ディフェンスはもちろん、攻撃でも決定的なスルーパスを2本通すなど攻守に利いていた川崎の奈良竜樹と、ディフェンスリーダーとしてパーフェクトな出来だった仙台の常田克人、リーグ戦初先発ながら大車輪の働きを見せた松本の飯田真輝を配置。
 
 GKには、相手の決定機を防いで無失点に抑え、試合終了間際にはカウンターの起点となり追加点奪取に貢献するなど、磐田の今季初勝利の原動力となったカミンスキーをチョイスした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ