「エスタディオ・フェルナンド・トーレス」そこは“神の子”の地元愛が宿るスタジアムだった

カテゴリ:Jリーグ

佐々木裕介

2019年04月12日

スペイン3部の街クラブにそのスタジアムはあった

写真右が「エスタディオ・フェルナンド・トーレス」。CFフエンラブラダ(スペイン3部)のホームスタジアムだ。写真:徳原隆元/佐々木裕介

画像を見る

 フェルナンド・トーレス。彼が幼少期から過ごしたアトレティコ・マドリー(以下、A・マドリー)では今もなお、クラブの生ける伝説としてファンから愛され続けている存在だ。
 
 昨年5月、エイバルとのリーグ最終戦、日本へ旅立つ彼の退団セレモニーが行なわれた。
 
『DE NINO A LEYENDA(神の子から伝説へ)』
 
 ファンの想いが集約され掲げられたこのメッセージと場内の雰囲気に、鳥肌が立ったことをいまでも忘れない。ラス・ロヒブランコ(A・マドリーの愛称/赤と白の意)を愛する者は、アジア王者の鹿島アントラーズは知らずとも“サガン鳥栖”は周知しているのだ。
 
 そんな彼の名がスタジアムにも冠されている。「えっ?アトレティコのホームスタジアムのネーミングライツは、中国企業が取得していたような……」と鋭いツッコミが入るだろうが、もちろんそれは彼らのホーム“エスタディオ・メトロポリターノ”の話ではない。同じマドリードに本拠を構える別のクラブでの話なのである。
 
『エスタディオ・フェルナンド・トーレス』
 
 マドリードの中心地から南西へ直線距離で20キロ。今季もプリメーラ(1部リーグ)に所属するレガネスやヘタフェとも程近い、フエンラブラダの街クラブ「クラブ・デ・フットボール・フエンラブラダ(以下、CFフエンラブラダ)」のホームスタジアムの名称だ。
 
 しかし、その事実を知った時、なぜセグンダB(3部リーグ)に属するクラブのスタジアムに彼の名前が?と純粋に興味が湧いた。さっそくクラブへ連絡を取ってみると、取材を受けてくれるという。寄らせてもらえるならば試合日にと日程を確認してみると、レオネサ(井手口陽介が昨季所属していたカタール資本のクラブ)との首位攻防戦があることを知り、日取りを即決した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ