C・ロナウド「41」、メッシ「16」――2大スターに大きな差がついたこの数字はいったい何?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月11日

C・ロナウドは5度、メッシは4度の欧州制覇を

CL通算得点が1位のC・ロナウド(左)と2位のメッシ(右)。今シーズンはどこまで勝ち進むか。(C)Getty Images

画像を見る

 ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドは4月10日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝・第1レグのアヤックス戦で豪快なダイビングヘッドを叩き込み、先制ゴールを挙げた。

 試合は1-1のドローに終わったものの、CL通算125ゴール目(歴代1位)は貴重なアウェーゴールとなった。

 同じ日、歴代2位の108ゴールを記録しているバルセロナのリオネル・メッシも、準々決勝・第1レグのマンチェスター・ユナイテッド戦に出場。ゴールこそなかったものの、決勝点となったルーク・ショーのオウンゴールに繋がる絶妙のパスをルイス・スアレスに通し、勝利に貢献している。

 このCLの舞台でも群を抜く成績を残している2大スターだが、スペイン紙『As』によると、C・ロナウドが「41」、メッシが「16」と、大きく差が開いている興味深いデータがある。

 CLの準々決勝、準決勝、決勝におけるゴール数だ。
 
 過去6度の決勝進出を果たし、うち5回でビッグイヤーを掲げているC・ロナウドに対し、メッシも4度のファイナルを経験し、そのすべてで優勝を成し遂げている。ただ、準々決勝以降の得点数の差は一目瞭然だ。

 メッシが準々決勝以降で最後にネットを揺らしたのは、2014-15シーズンの準決勝・第2レグのバイエルン戦。意外にも、以降はゴールから遠ざかっている。

 仮にユーベとバルサがともにこのまま勝ち上がれば、両チームは決勝で相まみえる。そうなれば、2大クラックがファイナルの舞台で対戦するのは、C・ロナウドがマンチェスター・Uでプレーしていた08-09シーズン以来、10年ぶりとなる。

 その試合ではメッシが2点目を奪う活躍を見せ、バルサが2-0で凱歌をあげたが、はたして……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ