「自分を批判した人の気持ちが分かる…」トッティはなぜそんな発言を?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月09日

「現役時代よりもプレッシャーはある」

現在は決定権のないディレクターという立場のトッティ。権限の強化を望んでいるとも。(C)Getty Images

画像を見る

 実際にピッチでプレーするのと、スタンドから試合を見るのでは、サッカーはまったく別物のように感じられるものだ。それは、一流選手にとっても同じなのかもしれない。ローマの英雄で、現在はクラブの幹部を務めるフランチェスコ・トッティもそのひとりのようだ。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、ローマひと筋で戦ってきたトッティは、地元でのイベントで「(現役生活の)25年は長い。自分はピッチ内外で大きな責任を背負っていたんだ」と述べた。

「スタンドで見ていると、すべてが簡単に見えるんだ。『どうしてあっちにパスしないんだ』とか思ってしまうね。いまじゃ、自分を批判していた人たちの気持ちも分かるようになった。(ピッチ上とは)違うことがたくさんあると分かったよ」

 ただそれは、ディレクターという役割の難しさを感じるようになったからでもあるのかもしれない。『Bein Sport』のインタビューで、トッティは「いまの自分には以前とは別の、とても大変な役割がある」と話している。

「正しいスピリットでその役割を始めることができた。現役時代の時のようにね。新しい冒険が始まり、とても満足している。いまのほうが、前よりもプレッシャーがあるよ。現役のころは即興でうまくやれたけど、この新しい役割では違う。もっと難しいんだ」
 
 今シーズンのローマはパフォーマンスが安定せず、3月にエウゼビオ・ディ・フランチェスコからクラウディオ・ラニエリへ監督交代に踏み切った。シーズン後には大改革に乗り出すとも言われている。先日は、トッティが決定権のある、より大きな権限を望んでいると報じられたばかりだ。

 実際にジェームス・パロッタ会長がトッティを重職に用いるかどうかは、まだ分からない。だが、トッティの頭にどんなチーム構想があるのかは興味深いところだ。

 熱狂的なローマのサポーターは、いまだアイドルであるトッティに小さくない期待を寄せている。今後の動きから目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ