「18年間の指導者人生で初めて」ハノーファー指揮官も驚いた浅野拓磨の”起用禁止令”。今後の処遇は…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月09日

会長は「こんな契約は不当だ」

ドル監督(右)も驚くまさかの事態で苦境に立たされた浅野(左)。今後の去就に注目が集まる。 (C)Getty Images

画像を見る

 アーセナルから1年のレンタルでハノーファーに加入した浅野拓磨。先週、ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』が「あと1試合でも浅野を試合で起用した場合、350万ユーロ(約4億5500万円)での買い取り義務が発生する。そのため、ハノーファーの首脳陣は浅野の起用を禁止する書面を監督に送った」と報じた。

 報道された時点では事実かどうか不明だったが、先週末に行なわれたヴォルフスブルク戦で、浅野はベンチ外となっていた。

 そして試合後の会見で、トーマス・ドル監督が浅野について言及し、”起用禁止令”の存在を認めた。

「ここまで色んな経験をしてきたつもりだったが、18年の指導者人生で、こんな奇妙なことは初めてだ。私はあくまで雇われの身なので指示されたことには従うしかない。昨日、彼と膝を突き合わせて話し、この状況について説明したよ」

 “起用禁止令”を出したとされるマーティン・キント会長も、『kicker』の取材に対し、この事実を認めている。

「これはクラブの経済的な決断であり、クラブ間の契約問題だ。こうした契約は不当だと判断している。我々はこうしたケースから、いくつものことを学ぶ必要がある。こんな契約はすべきではないとね」

 気になるのは今後の浅野の処遇だが、ドル監督は、「今後の話はまだ明らかにできない。これはクラブの内部で処理されることだ。だが、浅野はこれからも成長を続けることができるプレーヤーだと思っている」とコメント。ハノーファーに残って練習にだけ参加するのか、詳細は明らかにされていない。

 浅野の保有権をもつアーセナルは、買い取りを拒否する姿勢を見せたハノーファーの対応に怒っているとの報道もある。来シーズン、浅野は何色のユニホームを纏っているのだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ