香川真司の移籍金が高騰⁉ブンデス2クラブが興味を示し「禁断の移籍」の可能性も…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月02日

トルコでの活躍で評価が上昇

ベジクタシュで本調子を取り戻した感のある香川。注目の新天地は?(C)Getty Images

画像を見る

 どうやら価値が上がっているようだ。

 今冬にドルトムントからトルコのベジクタシュに半年間のレンタルで移籍した香川真司は、ここまで6試合に出場して3ゴール・1アシスト。25節のコンヤスポル戦では、途中出場で劇的な決勝ゴールを挙げるなど、印象的な活躍を見せている。

 3月にはロシア・ワールドカップ以来となる日本代表のメンバー入り。まさに充実の日々を送っている。
 
 4月1日、トルコ紙『Fanatik』が報じたところによると、ドルトムントはそれでも香川を放出する意向で、最近の好調ぶりを加味してか1250万ユーロ(約16億円)という強気の値札を付けているという。実績は申し分ないとはいえ、30歳のMFには安くない金額だ。

 給与の未払いが発覚するなど、懐事情が厳しいベジクタシュにとっては、とても手を出せる額ではない。そのため、トルコの雄に完全移籍する選択肢はなく、香川に興味を持っているとされるシャルケやレバークーゼンのブンデスリーガ勢が有力な新天地になるのでないかと、伝えている。

 シャルケは言わずと知れたドルトムント最大のライバル。ディールが成立すれば、いわゆる“禁断の移籍”となるが、はたして……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【10番考察】なぜ捌き役に!? ボリビア戦の香川真司には同情の余地がある
「”キャプテン・カガワ”率いる日本が勝った!」 トルコ紙が報じた香川真司の勇姿にベジクタシュ・サポは大喜び!!
明暗分かれた"新旧10番"に韓国メディアも注目!「中島が主人公」「香川は笑えなかった」
「カガワにはずっと良い印象がある」イニエスタが香川真司との“7年前の思い出”を振り返る
「今夏の獲得を望んでいる」ベジクタシュが香川の次に狙うのは、FC東京の室屋成か!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ