乾貴士、シュート1本も課題だった守備で奮闘! しかし、アラベスは土壇場で追いつかれて2戦ぶりの勝利ならず

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月07日

連敗脱出で5位に浮上!

乾はチャンスに恵まれなかったものの、守備に奔走した。 (C) Getty Images

画像を見る

 4月7日(現地時間)に開催されたラ・リーガ第31節で、乾貴士が所属する7位のアラベスは、ホームで12位のレガネス戦に挑んだ。

 前節のセビージャ戦では、自らのパスミスから失点を招いてしまった乾。仕切り直したい今節は4-4-2の右サイドハーフで先発した。

 直近のアトレティコ、そしてセビージャ戦と連敗を喫し、来シーズンの欧州カップ戦の出場権争いから一歩後退したアラベス。本拠地で絶対に勝利したい今節は、ホニを中心にカウンターからテンポを掴むと、18分にカレリがPKの絶好機を確実に沈めて先制に成功した。

 PKながら2試合ぶりの得点で、幸先よく先手を取ったアラベスは、その後、危なげなく試合を進行し、前半を1-0で終えた。
 

 後半もアラベスが、左サイドのホニとCFのカレリを中心にした攻撃でペースを掴むなか、乾は右サイドでフリーになるものの、味方から良い形でボールを得られない時間帯が続いた。それでもセットプレーの後の守りで自陣にいち早くプレスバックしてカウンターの危機を未然に防ぐなど、献身的な動きでチームのゼロ行進に貢献した。

 攻撃での見せ場は少なくシュート1本に終わったものの、かつて課題と言われた守備で奔走した乾は、79分にトゥマシと交代し、お役御免となった。

 後半は多くの決定機を創出できなかったものの、終盤もレガネスの猛攻を耐え凌いだアラベスは1-0での勝利が目前だった――がしかし、93分に左サイドを突破されると、相手DFのJ・シルバが放ったボールが、右ポストに直撃してゴールに吸い込まれて土壇場で追いつかれてしまった。鮮やかなゴラッソだった。
 
 試合は結局1-1で終了。残り数秒で2試合ぶりの勝利を逃したアラベスは、7位に留まることとなった。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ