「バルサの選手が同じことを言っても…」天王山落としたシメオネがD・コスタの退場に“恨み節”

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月07日

「11試合で7回の退場は…」

主審からレッドカードを突き付けられたD・コスタ。その理由には暴言を吐いたことが指摘されたが、それにアトレティコの面々は不満を漏らした。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 4月6日、アトレティコ・マドリーはラ・リーガ第31節でバルセロナに敵地で0-2と敗れた。これで天王山を落とし、残り7試合でバルサとの勝点差は11ポイントになり、逆転優勝の可能性は限りなく低くなった。

 ディエゴ・シメオネ監督のチームにとって痛手だったのは、主審への暴言でジエゴ・コスタが退場となったことだ。28分という早い段階で数的不利に陥ったアトレティコは、終盤までスコアレスでしのいだものの、残り5分から立て続けの失点でバルサに屈した。

 スペイン・メディアによると、D・コスタは主審に放送禁止用語を含む暴言を吐いたとされる。だが、『Marca』紙によれば、シメオネ監督は主審から聞いた言葉をD・コスタは言っていないと主張していると明かし、「11試合で7回の退場、我々が何か間違えているのだろう」と述べた。

「ほかの選手が同じことを言っても退場にならない。それでD・コスタを正当化はできないがね」

 さらにシメオネ監督は、「バルセロナの多くの選手が同じことを言っても退場にならないというケースがたくさんある」と、ルール適用が公平でないとの不満をうかがわせている。
 
「主審が暴言と解釈したのであれば、退場でいい。だが、いつも同じというわけではないんだ。彼らはフェルナンド・トーレスを退場にした。アイコンである選手だ。それ以降は、だれだって退場になり得るんだよ」

 また、コケも「僕らがここに来ると何かが起きる」とコメント。問題の場面で遠くにいた自身はD・コスタの発言を聞いてないとしたうえで、「もしも言ったのであれば退場でいい。確かなのは、11試合で退場7回と、何かが起きるということだ」と続けた。

「彼らは素晴らしい選手たちだ。こういう小さなディテールが彼ら(に有利に)にいけば、ここで勝つのはさらに難しくなる」

 恨み節とともにカンプ・ノウを去っていったアトレティコ。カップ戦でも敗退し、ラ・リーガでの逆転が難しくなった今、彼らの今シーズンは実質的に終了したと言わざるを得ないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ