ナイジェリア人の父を持つ規格外FWが飛躍間近!U-20W杯出場を狙う櫻川ソロモンが示した成長の跡

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2019年04月02日

ポストプレーには自信を持っていた一方で得点力は…

高校入学前にトップの練習にも参加した櫻川。久保世代のFWとして早くから期待を懸けられてきたFWだ。写真:安藤隆人

画像を見る

 3月29日から31日まで激戦が繰り広げられた第24回船橋招待U-18サッカー大会。190センチという圧倒的な高さとフィジカルの強さを駆使し、前線で起点となったのが千葉U-18の櫻川ソロモン(3年)だ。

 今年で最高学年を迎える櫻川はナイジェリア人の父と日本人の母を持つストライカー。同学年の選手たちを相手に得意のポストプレーで違いを作る一方で、目に付いたのがオフ・ザ・ボールの動きだ。抜け出しに変化を加えながら、一発で裏を取ってゴールに迫る。このプレーこそ、彼が新たに手に入れようとしている大きな武器であった。
 
「これまでポストプレーが中心になりすぎていて、ゴールに関わるというか、直結するプレーがちょっと少なかった。もちろん前線で起点を作ることは良いプレーかもしれませんが、FWとして結果という部分を求めていかないといけないので、ゴールを求める意欲が出てきたと思います」

 課題に対する認識は昨年からあった。ポストプレーを得意とし過ぎるあまり、動きの工夫次第で裏を取れるボールであっても、強引に収めに行く場面が散見。逆に不利な体勢になるシーンが多く見られた。

「なんとなく(裏に抜けるプレーやゴール前に入る動きを)『やらないといけないな』と思ってはいたのですが…」と改善点を理解はしていたものの、なかなか実践できるまでには至らなかった。
 
 しかし、今春にトップチームのキャンプに帯同をすると、フアン・エスナイデル前監督から下半身の筋肉を褒められる一方で、「こんな立派な筋肉を持っていて、なんで生かさないんだ」と指摘を受けた。
 
 さらにエスナイデル前監督は彼にゴール前へのアプローチの幅と、得点へのこだわりを徹底して要求。その助言を機に櫻川の意識は大きく変わった。
 
「エスナイデルさんから多く要求されたことで、『これは本気で取り組まないといけない』と思うようになりました。ポストプレーも大事だけど、ゴール前で生きる選手になりたいと強く感じました」
 
 この心境の変化はいきなり形になって現われる。
 
 2019シーズンの幕開けとなるゼロックススーパーカップの、前座試合として行なわたネクストジェネレーションマッチ。U-18Jリーグ選抜の一員としてスタメン出場すると、ポストプレーだけでなく、しなやかな身のこなしとスプリントを駆使して何度も日本高校選抜ゴールへ迫った。
 
 11分にCKから豪快ヘッドでゴール。強烈なインパクトを残すと、今年5月にワールドカップを控えるU-20代表スタッフの目に止まる。3月中旬に行なわれたポーランド・スペイン遠征のメンバーに飛び級で選出されたのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ