DAZNが週間ベストゴールを発表!名古屋3人衆の鮮やかすぎるゴラッソが最高評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月01日

2-0で迎えた39分、名古屋はジョーのパスを起点に…

高質な技術と阿吽の呼吸でゴールを陥れた名古屋。3人がイメージを共有したからこそ生まれたゴラッソだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェス写真部)

画像を見る

 2週間ぶりに再開されたJ1。3月29日から31日に掛けて5節の9試合を行ない、昨季のJ1王者・川崎が今季初勝利を挙げるなど、大いに盛り上がった。
 
 もっとも多くのゴールが生まれたのは、G大阪と神戸の一戦。両チーム合わせ7ゴールが飛び交い、神戸のルーカス・ポドルスキやダビド・ビジャ、G大阪のアデミウソンやファン・ウィジョなどの鮮烈ショットにファンも歓喜したことだろう。
 
 その今節のファインゴールをDAZNが厳選。「DAZN週間スーパーゴール」を公式ツイッター上で動画とともに発表している。
 
 久保建英の”ひとり時間差スルーパス”を起点に生まれたディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)のヘディング弾、レオ・シルバ(鹿島)のコントロールショット、松田天馬(湘南)の豪快なドライブシュートがランクイン。そして、神戸のビジャ、ポドルスキの得点も名を連ねた。
 

 どのゴールも甲乙がつけがたいなかで、今節のベストゴールに選ばれたのは名古屋の長谷川アーリアジャスールだ。
 
 札幌戦の39分。ゴール前でパスを呼び込んだ長谷川は相手GKの動きを見極め、ダイレクトでシュートを選択。完全に逆を突いた一撃は逆サイドネットに吸い込まれた。
 
 ただ、このゴールはフィニッシュだけがすごいのではない。もっとも見るべきは得点までの過程だ。ジョーのパスを受けた丸山祐市が長谷川に縦パスを入れる。これを長谷川が丸山と縦のワンツーで裏に抜けると、最後は難なくゴールを決めた。

 この鮮やかな連携において、何より目を惹くのはパス交換とシュートをすべてワンタッチで行なわれている点。イメージの共有と正確な技術がなければ、成し得られないゴラッソだった。
 
 最高評価を掴んだ名古屋の美しすぎるゴール。何度見返しても見飽きないほど、鮮やかな一撃だったのは間違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
中村憲剛の「総合格闘技転向」宣言にファン反響! 本人は「こんなにも弱そうな...」と自虐的!?
【新連載・東京2020】小川航基/前編「怪物FW誕生秘話。名門校で頭角を現わすまでの道程」
“元バルサ”も苦労したガンバのハイプレスには、思わぬ盲点があった
あれ…ヤットがいない!? G大阪の公式HPで遠藤保仁の代わりに登場したのは…
Jリーガー「好きな女性タレント」ランキング2019年版! “月9”に2期連続出演、人気急上昇中の女優が堂々の1位に!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ