独りぼっちだった18歳のメッシは13年後も“孤独”のままで――【南米サッカー秘蔵写真コラム】

カテゴリ:ワールド

ハビエル・ガルシア・マルティーノ

2019年04月01日

チームメイトたちが笑いに包まれるなか一人で――。

チームを離れ、ボールと戯れるメッシ。18歳だった当時の彼はこうして独りでいることが多かったようだ。 (C) Javier Garcia MARTINO

画像を見る

 この写真は2006年6月、ドイツ・ワールドカップ開幕の数日前にアルゼンチン代表のキャンプ地だったヘルツォーゲンアウラハで撮ったリオネル・メッシだ。

 恥ずかしい話だが、私はこの大会の直前まで、メッシのことを知らなかった。すでにバルセロナでプロデビューを飾り、「天才児」として注目されていたようだが、欧州のサッカーにほとんど興味を持たない私は、そのプレーを観たことがなかったのだ。

 当時のアルゼンチンには、ファン・ロマン・リケルメやパブロ・アイマール、ハビエル・サビオラ、エルナン・クレスポといった大物たちがいた。この日も、当然のように私は、レンズを集中的に彼らの方に向けていた。メッシが目の前にいるのにほとんど気にも留めず、他の選手の写真ばかりを撮っていたなんて、今ではちょっと信じ難い話でもある。

 そんな中、私はふとメッシに気をとられた。トレーニングの合間に彼がチームメイトたちの輪から離れ、ひとりでリフティングを始めたのだ。

 カルロス・テベスとガブリエル・エインセがふざけながら取っ組み合いとなり、場が笑いの渦に包まれていた間、メッシは黙々とリフティングをしていた。座ったまま、時に足を交差させ、時に頭や肩を使って、巧みにボールを操る様子から目を離すことができず、私は独りぼっちの彼を連写した。

 後に写真をチェックしていて気づいたのだが、当時のアルゼンチン代表監督だったホセ・ペケルマンは、この時のメッシを横目で鋭く、厳しい表情で観察していた。まるで、チームメイトたちに近寄ることなく、離れた場所で座っているメッシの行動を分析しているかのようだった。

 もともと育成部門の指導者だったペケルマンだけに、まだ18歳だったメッシをどのようにしてピッチ内外でチームに融合させるべきなのか、そのプランを熟考していたに違いない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ