3発快勝の湘南が5位に浮上!清水は5戦未勝利と低迷

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月31日

周到に用意してきたサインプレーで先制!

前線で起点になった山崎(11番)。ゴールこそなかったが、タメを作って攻撃を牽引した。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ5節]清水1-3湘南/3月31日(日)/アイスタ
 
 J1リーグ5節の清水エスパルス対湘南ベルマーレが5日、IAIスタジアム日本平で行なわれ、3-1でアウェーの湘南が勝利した。2連勝を飾った湘南は、勝点を9に伸ばして5位に浮上。敗れた清水は、5試合を終えて2分け3敗の白星なしで、17位は変わらなかった。
 
 ホームの清水は、鄭大世が今季初先発を果たし、エウシーニョが2試合ぶりにスタメン復帰。一方の湘南は武富を2試合ぶりに先発で送り出した。
 
 先制したのは湘南だった。23分、右CKから松田天馬がグラウンダーのクロスを入れると、ニアに走り込んだフレイレがスルー。その後ろで待ち構えていた菊地俊介が右足を振り抜き、ゴールを射抜く。周到に用意してきたサインプレーで清水の守備を見事に欺いた。
 
 44分に金子翔太に同点弾を奪われた湘南だったが、直後の45+1分にすぐさま突き放す。ゴールは、またも右CKからだ。松田のクロスに合わせた杉岡大暉のヘディングシュートはゴール左にそれたが、梅崎司が反応してポスト直撃のヘッドを放つ。このこぼれ球をフレイレが押し込んだ。フレイレの今季初ゴールは、昨シーズンまで在籍した古巣への恩返し弾になった。
 
 後半は清水が先手を取って決定機を作ったが、左からのクロスに合わせた鄭大世のヘッドは惜しくも枠外へ。すると、湘南が反撃に転じ、70分に松田が豪快なゴラッソを沈めて点差を広げた。DFを鮮やかなターンでかわしてから放った右足ミドルは、スピード・コースともに申し分なく、GKにとってはノーチャンスと言える一発だった。
 
 その後、清水も途中出場のドウグラスやヘナト・アウグストを狙ったロングボールでゴールを狙ったが、最後まで足を止めない湘南の守備を崩すまでには至らない。そのまま3-1で試合は終了し、湘南が今季3勝目を手にした。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ