川崎が5戦目にしてリーグ戦初勝利!先発に抜擢された知念、阿部のゴールで松本を撃破!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月31日

川崎が盤石の試合運びで松本に完勝!

阿部(8番)、知念(20番)のゴールで勝利を挙げた川崎。ここから波に乗れるか注目だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨季のJ1王者がついに長いトンネルを抜けた。
 
 3月31日、J1・5節の2試合が行なわれ、川崎は敵地で松本を1-0で撃破。5試合目にして、リーグ戦今季初勝利を挙げた。
 
 開幕から3分1敗の川崎は攻撃陣をテコ入れ。小林悠、レアンドロ・ダミアンをベンチに置き、1トップに知念慶、左サイドハーフには阿部浩之を先発で起用した。
 
 川崎は立ち上がりから丁寧にパスをつなぎ、主導権を握る。サイドや中央を上手く使い分け、厚みのある攻撃を展開した。11分には阿部の縦パスを知念が受けると、素早くターンして左足でシュート。惜しくもポストを叩いたものの、積極的にゴールを狙う姿勢が窺えた。
 
 さらに15分にはセットプレーから連続でチャンスを獲得。中村が蹴ったFKとCKからゴールを脅かし、相手DFを慌てさせた。
 
 一方、守備陣は粘り強いディフェンスを披露。17分には自陣の低い位置でボールを奪われ、松本のセルジーニョに決定機を作られたものの、それ以外は堅実な守りで相手にチャンスを与えなかった。
 
 以降も攻守で松本を凌駕。ほとんどの時間を相手陣内で過ごし、ゴールに襲い掛かる。すると、終了間際の44分だ。登里享平の左クロスに知念がダイビングヘッドで合わせ、ついに均衡を破った。

 川崎は後半も攻撃を仕掛け、知念などが貪欲にゴールを狙っていく。ボランチの田中碧も高い位置を取り、3列目からの飛び出しで松本を翻弄。厚みのあるアタックで試合の流れを相手に渡さない。
 
 62分には知念の突破から、家長昭博が左サイドから中へ折り返す。最後は2列目から走り込んできた阿部が右足でネットを揺らし、リードを広げた。

 以降も危なげなく試合を進め、相手に付け入る隙を与えない。スタメンに抜擢された知念、阿部の活躍で川崎は2対0で勝利を掴み、順位を10位に上げている。

 一方の松本はリーグ戦3連敗。攻撃陣は3試合連続無得点となり、今後の戦いに不安を残した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ