移籍後初ゴール! 3連敗中のC大阪に勝利をもたらした都倉賢「前節も自分が決めていれば…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月30日

「この2週間ひたすらシュート練習をしてきた」

移籍後初ゴールとなる先制点を奪った都倉。チームに4試合ぶりの白星をもたらした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ5節]仙台0-2C大阪/3月30日/ユアスタ

 今季加入した期待の大型ストライカーが、リーグ5戦目でついに移籍後初ゴールをゲットした。

 降雪を伴うなかでのゲームとなった仙台戦。その瞬間がやってきたのは35分だった。右サイドから松田陸が抜け出し、丁寧なラストパスを供給すると、これに反応した都倉賢が右足で力強くねじ込んだ。今季札幌から完全移籍で加入した32歳のストライカーが3連敗中のチームを勢いに乗せる先制点をゲットした。

 C大阪は後半にも清武弘嗣のパスから田中亜土夢が追加点を奪うと、2対0でそのまま押し切って勝利。開幕戦以来の白星で、連敗を3で止めた。

 決勝点となる移籍後初ゴールを挙げた都倉は、フラッシュインタビューに応え「チームとしても個人としても、もう後がないという強い気持ちで、この2週間準備してきた。しっかり90分間、みんなで体現できた結果」と、中断期間の成果が勝利につながったとした。
 
 一方、自身のゴールについては「前節の浦和戦も自分が決めていれば勝っていたので、そういった責任感を持って、この2週間ひたすらシュート練習をしてきました」と、悔しさが残った浦和戦からの2週間を振り返りつつ、「本当に(松田)陸が素晴らしいボールを出してくれたので、あとは決めるだけでした」とチームメイトのパスを讃えた。

「チームとしての手応えは日に日に増していたので、あとは結果というものが一番欲しかった」とも語った都倉。自身の決勝点によって掴んだ勝利で、チームを上昇気流に乗せられるか。C大阪は次節(4月5日)、アウェーで川崎と対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ