シュート18本も無得点…横浜のポステコグルー監督は失意を隠さず「ポストに防がれた…本当にそこだけ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月29日

三好のミドルはポストに嫌われ、松原の決定的はバーを叩く。

横浜は決め手を欠いてドロー。良質なチャンスを作り出したが、1点が奪えなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ5節]横浜0-0鳥栖/3月29日(金)/日産ス

 横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督は、失望を隠さなかった。
 
 ホームの日産スタジアムにサガン鳥栖を迎えたJ1リーグ5節。代表ウィーク開け1発目のこの試合で、横浜は多くのチャンスを創出した。
 
 しかし、三好康児のミドルはポストに嫌われ、エリア内でフリーで放った松原健の決定的なシュートはバーを叩く。遠藤渓太やエジガル・ジュニオの一発は、いずれもGK大久保択生のファインセーブに阻まれた。
 放ったシュートは、相手の3倍以上にあたる18本(鳥栖は5本)。それでも1点が奪えないままドロー決着に終わったという事実がこたえたのだろう。フラッシュインタビューに応じた指揮官は「チャンスがあった中で勝ち切れなかったのは悔しいですね」とうつむき、「ゴールだけです、本当に。相手が止めたというというより、ゴールポストが防いだケースが多かった。本当にそこだけです」と繰り返していた。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ