【U-22代表】「これはうまフサ」「A代表のFKやらせたい」東ティモール戦、久保建英の直接FK&豪快ボレーの2発にファン興奮!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月24日

久保が直接FK&豪快ボレー弾を決める!

素晴らしい技巧に、ファンからは絶賛の声が続々。 写真:佐藤博之

画像を見る

 来年1月にタイで開催されるU-23アジア選手権1次予選の第2戦が3月24日、ミャンマーで行なわれ、U-22日本代表はU-22東ティモール代表と対戦した。

 U-22代表は森保一監督がA代表に帯同しており、横内昭展コーチが監督代行として指揮を執っている。40度近い気温のミャンマーでの試合に、選手たちの体力消耗も激しいなか、日本は前半を田川亨介のゴールで1-0で折り返すと、52分にペナルティエリア左手前でFKを獲得。ボールをセットしたのは、この試合で先発した久保建英だった。

 久保は冷静に左足を振り抜くと、ゆるい弧を描いたフリーキックはゴール左ポスト手前でバウンドし、GKの脇をすり抜けてゴールネットに吸い込まれた。この1点で、日本がリードを広げる。

 そして伊藤達哉のCKから立田悠悟が3点目を追加し、71分には板倉滉が4点目を決めた60分、今度は杉岡大暉からのクロスをトラップした久保が、豪快なボレーシュートを叩き込んだ。

 この久保の活躍に、観戦中のサッカーファンからは絶賛の声が相次いでいる。

「すごーい!!!」
「久保くんさんほんメッシ」
「これが日本の未来だ」
「フリーキックえぐすぎてわろた。もうA代表きてほしいわ」
「久保くんをはやくA代表に呼んでFK蹴らせろ」
「このFKめっちゃエロいわー」
「はぁーーこんなん無理やでキーパー無理や。中村俊輔かいな」
「敵トラップからのボレー決まって5点目!」
「久保くんどえらい子だ…」
「ワールドクラス。久保くんさま」
「これはうまフサ」

 その後も完全に試合の主導権を握った若き日本代表は、上田綺世もゴールを追加して6-0として東ティモールを撃破。2連勝を飾っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ