【U-22代表速報】久保が2発!東ティモールを6ー0で下し、U-23アジア選手権出場に王手!!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月24日

左足を一閃!久保建英が直接FKからU-22代表初ゴールをゲット!!

2ゴールを挙げた久保。シャドーの位置で違いを作り、上々のパフォーマンスを見せた。写真:佐藤博之

画像を見る

 来年1月にタイで開催されるU-23アジア選手権。その1次予選の2戦目が3月24日に行なわれ、U-22日本代表はU-22東ティモール代表に6ー0で勝利した。
 
 40度近い気温のミャンマーで開催されている今回の予選。U-22代表は森保一監督がA代表に帯同しており、横内昭展コーチが監督代行として指揮を執る。

 そのなかでスタメンを初戦から10名変更し、システムは3-4-2-1を採用。GKに波多野豪、最終ラインは右から橋岡大樹、立田悠悟、原輝綺、中盤の底は中山雄太と2戦連続スタメンの板倉滉、サイドは左に杉岡大暉、右に長沼洋一、シャドーは伊藤達哉、久保建英、最前線は田川亨介となった。

 日本は立ち上がりからボールを支配し、テンポよく攻め込む。両ウイングバックも高い位置を取り、ゴール前へ何度も迫った。13分にはペナルティエリア内で田川が倒されてPKを獲得。だが、田川のシュートは枠を捉えられず、絶好機をフイにしてしまう。

 それでも日本は気落ちせずに攻め続けると、24分。右サイドから久保がファーにクロスを入れると、板倉がヘディングで中央に折り返す。最後は田川がPK失敗の汚名を返上する一撃を頭で決め、先制に成功した。

 以降も日本は猛攻を仕掛ける。28分には久保がゴール前で魅せ、リフティングで相手を交わすと左足でシュートを放つ。シュートはGKの正面を突いたものの、会場を沸かせた。
 

 後半の立ち上がりは相手のカウンターから攻め込まれたものの、要所を締めて決定機は作らせない。徐々に流れを引き戻すと、54分に久保が輝きを放つ。ゴールから約25mの位置でFKを獲得すると、久保が左足を一閃。綺麗な弧を描いたショットはGKの手前でワンバウンドしながら、ゴールへ。久保のU-22代表初得点で日本はリードをさらに広げた。

 勢いが出てきた日本は以降も攻め続ける。60分には伊藤のFKから立田が右足で押し込んで3点目。さらに71分に板倉がミドルシュートを叩き込み、74分には久保が左足で豪快にボレーを突き刺す。76分には、途中出場の上田綺世にもゴールが生まれ、終わってみれば6-0の圧勝。日本は東ティモールを下し、2連勝を飾った。

 日本は26日の最終戦で今予選のホスト国・ミャンマーと対戦。勝利を収めて1位となれば、本大会出場が決定する。2位となった場合は他グループの結果次第で突破が確定する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ