元バルセロナの俊英MFサンペールが神戸デビュー!試合後に語った手応えは?

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年03月17日

「僕は大きな挑戦心を持ってここに来ました」

神戸デビューを果たしたサンペール。チームを勝利に導けなかったが、今後に向けてポジティブなイメージを掴んだようだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月17日の清水戦で、バルセロナから神戸に加入したセルジ・サンペールがJデビューを果たした。
 
 24歳のMFがJリーグのピッチに立ったのは、80分。古橋亨梧に代わって投入されると、アンカーの位置からボールを的確に捌いた。「相手は高いところからプレスをしてきて、ポゼッションをするのが難しい状況だった」ことに加え、まだ合流して間もないため、周囲との連係で困惑する姿も見られたが、なにより神戸でのデビューを迎えた価値は大きい。
 
 右足ふくらはぎを負傷した昨年10月の国王杯(コパ・デル・レイ)以降は実戦から遠ざかっていたサンペールにとっては、約5か月ぶりの公式戦。再起を懸ける意味でも、日本での新たな挑戦に胸を弾ませたに違いない。
 
「久しぶりにプレー出来て、そういう意味でも嬉しい。サポーターの皆さんにも熱い歓迎をしていただいて、彼らの前でプレーできることを本当に喜んでいます。望んだ結果にはならなかったですけど、これからこの調子でチームとして戦っていけば結果はついてくるのかなと思います」

 デビュー戦を終えて、そう振り返ったサンペールにとっては「僕は大きな挑戦心を持ってここに来ました。ヴィッセル神戸で良いプレーをして、新たな歴史を作りたい」と、意気込んでいる。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ