神戸、イニエスタのチャンスメイクからポドルスキが今季初弾、元バルサのサンペールがJデビュー!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月17日

試合は1-1の同点で終える

ポドルスキが今季初ゴールとなる先制点を挙げた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは3月17日、4節の9試合を各地で開催。ノエビアスタジアム神戸では、ヴィッセル神戸対清水エスパルスの一戦が行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

 試合は、序盤から神戸がボールを支配。アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、山口らを軸に多彩なパスワークでゲームを組み立て、ダビド・ビジャが虎視眈々とゴールを狙う。しかし、清水の手堅い守備もあり、ゴールには至らない。

 一方の清水もカウンターと後方からのビルドアップを織り交ぜた攻撃でチャンスを掴む。30分には北川航也がダイビングヘッドでゴールを狙うが、GK前川黛也の好セーブに阻まれた。前半は0-0で終了した。

 そして、後半の立ち上がりに神戸はイニエスタのチャンスメイクから先制点を挙げる。敵陣でイニエスタが狙ったループパスは、立田悠悟が対応するが、このこぼれ球にイニエスタが反応。ラストパスを送ると、これもファン・ソッコが対応するものの、こぼれ球に素早く反応したポドルスキが左足で押し込んだ。ポドルスキの今季初ゴールで神戸が先制した。

 その後は、清水もチャンスを迎え、一進一退の攻防に。しかし、神戸は手堅い守備でゴールを許さない。80分には古橋亨梧に代えてセルジ・サンペールが投入された。サンペールが交代出場でJ1デビューを飾っている。

 そして清水は88分、交代出場の鄭大世が左足でカーブをかけたシュートを放ち、これがゴールネットを揺らす。清水が同点に追いついた。

 結局、試合は1対1で終了。神戸は3連勝を逃す結果となった。一方の清水は4試合で2分け2敗といまだ勝利がない状況だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ