【FC東京】「10回くらいリプレイを観た」。久保建英が名古屋戦で悔やんだ63分のシーン

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年03月17日

「悔しかったですね、あれは」

決定機をモノにできなかった久保。試合後に悔しさを露わにした。写真:田中研治

画像を見る

3月17日、名古屋をホームで迎え撃った首位攻防戦はFC東京の勝利(1-0)という結果だった。チームとしてのパフォーマンスは素晴らしかったが、右サイドハーフで先発出場した久保は不完全燃焼に終わった印象だ。
 
 悔やまれたのは63分のシーンだ。永井がペナルティエリア手前から放ったシュートをGKランゲラックに止められると、そのこぼれ球に久保が反応。素早く右足を振り抜くも揺らしたのは枠外のゴールネットだった。狭い角度からのシュートを決められなかったのである。
 
 試合後の囲み会見に対応した久保は「10回くらいリプレイを観たんですけど、入ってなかったですね」とコメント。続けて「GKが出てきているのは見えていたので、落ち着いて流し込めるかなと思っていたんですけど、意外と角度がなくてサイドネットに行ってしまいました。2点差になっていればもっと楽に試合を進められたはずです」とも話していた。
 
 「悔しかったですね、あれは」と言うように、本人も決めるべき局面だったと振り返る。ただ、こぼれ球に反応するまでの動きは決して悪くなく、練習の積み重ねがもたらした決定機とも言えるだろうか。この日のパフォーマンスは及第点に届かないまでも、守備から攻撃への切り替えの局面でボールを前に運ぶなど良い部分も見えたが、本人の自己評価はなかなか厳しい。
 
「ボールを自分で奪って前に持っていくシーンが何度かあったんですけど、その時に加速力というか、もっと斜めに、斜めにというか、相手の嫌なところに入っていければいいかなと思います」
 
 その反省点を改善できれば、いずれ今季のJ1初ゴールも生まれるはずだ。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【FC東京】「もったいない」。太田宏介が名古屋移籍の米本について心境を告白
【J1採点&寸評】FC東京1―0名古屋|先制弾の永井も素晴らしかったが、最大の殊勲者は…。古巣対決の丸山、米本の評価は?
今年のFC東京はひと味違う?久保建英のトップ下起用で変わった潮目
【名古屋】公式戦5戦4発!早稲田大出身のルーキー相馬勇紀がプロA契約を締結!!
【J1展望】FC東京×名古屋|1位と2位の直接対決。丸山、米本が味スタに来襲‼

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ