香川真司が果敢なドリブルから左足で劇的なAT決勝弾!ベジクタシュに3試合ぶりの勝利をもたらす!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月11日

途中出場で歓喜をもたらす。

後半アディショナルタイムに決勝ゴールを叩き出した香川。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間3月10日、トルコのシュペル・リギの第25節が行なわれ、3位のベジクタシュはホームで5位のコンヤスポルと対戦した。

 前節のカイセリスポル戦を鼠径部の怪我で欠場した香川真司が、2試合ぶりのピッチに立ったのは74分。2-1とリードした状況で、先制点をマークしたアデム・リャイッチと代わってトップ下に入った。

 しかし、この交代で隙を生まれたのか、直後に縦パス一本でDFラインの裏を衝かれ、同点に追いつかれてしまう。

 勝ち越しを狙うベシクタシュの攻撃を牽引したのが香川だった。77分にエリア内でパスを受け、決定機を迎えるも、これはシュートはGKの正面を突いてセーブされてしまう。

 81分には、左サイドから持ち上がり、左足で絶妙なピンポントクロスを送るも、リカルド・カレスマのボレーは枠を外れる。その4分後には、今度はカレスマのクロスに香川が頭で飛び込む。しかしGKが一瞬先に弾き出し、シュートには持ち込めない。

 
 2-2のドローで終わるかと思われた後半アディショナルタイム、ついに歓喜の瞬間が訪れる。香川がドリブルで持ち込み、DFをかわして左足を一閃。劇的な決勝ゴールを叩き出したのだ。

 途中出場の23番がベシクタシュに3試合ぶりの勝点3をもたらしたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ