【J2まとめ】“好調”水戸と柏が開幕3連勝!東京Vは林の2発で今季初勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月09日

林が鮮烈ショット&狡猾な動きで2得点を奪い、東京Vの救世主に

J屈指の海外サッカー通としても知られる林。有名選手をオマージュしたゴールパフォーマンスは必見だ。写真:徳原隆元

画像を見る

 3月9日、各地でJ2・3節が行なわれた。1年でのJ1復帰を目指す柏は新潟と対戦。一進一退の攻防が続き、なかなか均衡が破れなかったなかで“ケニアの怪人”オルンガが終盤に躍動する。73分、小池竜太が右サイドを突破してゴール前にクロスを供給。これにオルンガが合わせて決勝点。3日前のルヴァンカップ・FC東京戦で2得点を挙げ、この新潟戦でリーグ今季初スタメンを飾ったストライカーが開幕3連勝の原動力となった。
 
 同じく2連勝中の水戸は敵地で長崎と対戦。相手にボールを支配される展開となり、守勢に回る時間も増えた状況でチームを救ったのは清水慎太郎だ。
 
 55分、カウンターから清水が前にボールを運ぶと、そこから右サイドに展開。駆け上がった茂木駿佑が中央へ折り返し、再びボールを受けた清水が右足で決勝点を決めた。水戸は開幕3連勝を達成し、暫定ながら首位の座をキープ。一方、手倉森誠監督率いる長崎は今季初黒星となった。

 昨季、J1参入プレーオフの決勝に勝ち進み、あと一歩のところで昇格を逃した東京Vは金沢と対戦。ギャリー・ホワイト監督率いる“新生ヴェルディ”は2連敗で迎えたホーム開幕戦でも苦しみ、早々の9分に小松蓮にJ初ゴールを決められてしまう。

 しかし、この日の東京Vは一味違った。直後の14分に林陵平が角度のないところから左足を振り抜いて同点。勢いに乗ると、42分にも林が右クロスに反応し、GKのキャッチミスを見逃さずにこぼれ球を押し込んだ。前半のうちに逆転したチームは逃げ切り、今季初勝利をホーム初陣で挙げている。
 
 4年ぶりのJ1復帰を目指す福岡は、京都と対戦。拮抗した一戦は0-0で推移するも、71分に黒木恭平にゴールを決められて今季初勝利はならず。対する京都は勝点7とし、暫定で4位に浮上を果たしている。その他では甲府が鹿児島を1-0、岐阜が岡山を2-1で下した。残る5試合は明日10日に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ