「あまりに悲惨で脅威となれず…」ACL広州恒大戦で完敗を喫した広島を海外メディアが酷評!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月06日

次節は本田圭佑のメルボルン・Vと対戦

このパウリーニョ(8番)らを擁する広州恒大の後塵を拝した広島。敵地とはいえ、手痛い完敗に終わった。(C)Getty Images

画像を見る

 過酷なアウェーの地で、完敗を喫した。

 3月5日、アジア・チャンピオンズリーグの第1節が行なわれ、グループFのサンフレッチェ広島は敵地で強豪・広州恒大と対戦。直近のJ1リーグから先発11人を総入れ替える大胆策で臨んだ。

 試合は序盤こそいくつか好機を掴んだ広島だったが、徐々に総合力で上回る広州恒大に圧倒され、前半のうちに2点のリードを許す展開。後半になると相手のペースダウンもあってボール支配で優位に立つも、なかなかチャンスを迎えるには至らず、そのまま0-2の敗北を喫した。

 
 この一戦をレポートしたのが、世界的なネットワーク『Fox Sports Asia』の名物記者であるガブリエル・タン氏だ。「広州恒大がACL初戦で、あまりにも悲惨なサンフレッチェを難なく下す」と題して、こう報じている。

「のっけから広州恒大は優勝候補としての力を見せつけ、サンフレッチェに反撃の糸口も時間もまるで与えなかった。早々に2点のリードを奪うと、後半はそれで満足とばかりにペースを落としたのだ。サンフレッチェはそれでも攻撃面で脅威となり得ず、過去2度アジア王者に輝いた相手に完璧なスタートを提供したのである」

 なんとも手厳しい論調だ。

 黒星発進となった広島は、続く第2節(3月12日)に本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリーとホームで戦う。F組は広州恒大がグループリーダーとなる可能性が高いだけに、なんとか2位争いには食い込んでいきたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「見よ! 明らかな誤審だ!」ACLプレーオフ、広島の“幻ゴール”に海外メディアも疑問符
「僕は日本へ行く!」「イニエスタが電話をくれた」サンペールがバルサでのお別れ会見で神戸移籍を公言!
【広島】見失ったエースの活用法……新システム&戦術でパトリックをどう使うべきか
【ACL速報】メルボルン・Vは韓国の大邱FCに敗北…本田圭佑は先制点の起点となるも、追加点を奪えず
【J1展望】広島×磐田|3バックでボールを保持する広島に、磐田のブラジル人助っ人が猛威を振るうか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ