シュクリニアル、CLで優勝したら「ミラン・インテル・シュクリニアル」に“改名”すると宣言!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月02日

チームは格下相手の黒星で来季CL出場に暗雲!?

すでに不可欠な存在として認知されているシュクリニアルだが、インテルやインテリスタへのさらなる忠誠を“改名”で示す!? (C) Getty Images

画像を見る

 インテルのサポーターのなかには、2017年にミラン・シュクリニアルが加入した時、このスロバキア代表を良く思わない者もいた。宿敵「ミラン」の名前を持つ男だからだ。

 だが加入1年目の昨シーズン、シュクリニアルはリーグを代表するCBと称賛されるほどに成長。苦しみながらもチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権を獲得したチームにおける大黒柱のひとりとして、インテル・ファンの信頼を勝ち取った。

 欧州のメガクラブから関心を寄せられるなかで迎えた今シーズンも、シュクリニアルはセリエAの24試合に先発出場。CLではグループステージの全6試合でフル出場するなど、インテル守備陣のリーダーとしてチームを支えている。

 今では、名前を理由にシュクリニアルを嫌うサポーターなどいないだろう。それでも、やはり宿敵の名前を口にしたくはない、というファンはいるかもしれない。

 そこで、シュクリニアルには“解決策”があるようだ。イタリア衛星放送「Sky Sport」のインタビューで、シュクリニアルは改名も辞さないと明かした。

「もしも僕らがCLで優勝できたら、その時は役所の戸籍課に行って、名前に『インテル』を加えることにするよ」

 そう、シュクリニアルは、インテルが2010年以来となる欧州制覇を果たしたら、名前を「ミラン・インテル・シュクリニアル」にすると宣言したのである。

 この公約が守られるかどうかは、インテルがビッグイヤーを獲得しなければ分からない。

 3月1日に行なわれたセリエA第26節で、インテルは格下カリアリに1-2とまさかの黒星を喫した。2日の試合でミランとローマが勝てば、インテルは5位に転落してしまう。優勝どころか、CL出場権すら得られない。

 インテリスタの関心は、シュクリニアルが名前を変えるかどうかより、まずチームが4位以内を死守できるかどうかにあるかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ