"王者対決”は勝敗つかずドロー決着! 川崎・中村憲剛と鹿島・伊藤翔がゴラッソ競演!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月01日

中村が鮮やかな直接FKを決めれば、伊藤も見事なトラップから同点弾!

先制点を決めた中村(右)が永木へタックルを仕掛ける。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは3月1日、2節の2試合を開催。等々力陸上競技場では、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

 昨季のJリーグ王者・川崎とアジア王者・鹿島の「王者対決」となった一戦は、序盤から川崎がボールを支配。テンポの良いパス回しで主導権を握る。そして9分、早くも均衡を破る。小林悠のドリブル突破でペナルティエリア手前でFKを得ると、これを中村憲剛が鮮やかな弧を描くキックで沈め、ゴールネットを揺らす。川崎が先制した。

 これでさらに勢いに乗るかと思われた川崎だが、鹿島もカウンターを軸に反撃を開始。21分には内田篤人のロングフィードに反応した伊藤翔が見事なトラップでコントロールすると、冷静に右足でシュートを流し込みネットを揺らす。鹿島が同点に追いついた。

 鹿島は27分にもセットプレーからDFの町田浩樹が頭でネットを揺らすが、これは土居聖真がオフサイドを取られノーゴールの判定に。一方川崎も42分、巧みなつなぎから車屋紳太郎が強烈なミドルシュートを放つもクロスバーを直撃。こぼれ球に反応した小林のシュートもGKクォン・スンテに防がれた。

 前半から白熱の攻防が展開された「王者対決」。後半は序盤こそ鹿島も食い下がるが、徐々に川崎がペースを掴む。。川崎は持ち前のパスワークが冴えを見せ、鹿島守備陣を翻弄しながらゴールに迫る。69分には、やや存在感の希薄になったレアンドロ・ダミアンに代えて阿部浩之を投入して、攻撃の手を強める。

 しかし、鹿島も最終ラインやボランチの永木亮太を中心に粘り強い守備を見せ、得点を許さない。終了間際にはクォン・スンテのビッグセーブも飛び出し、ゴールに鍵をかけた。

 結局、試合は1対1でタイムアップ。注目の昨季「王者対決」は、両者痛み分けに終わった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ