「レオは誰よりも得点するのに…」神戸のイニエスタが語った“盟友”メッシの凄みは?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月28日

イニエスタは今もメッシに夢中!

バルサで約14年に渡ってともにプレーしたイニエスタ(右)とメッシ(左)。二人の連係プレーは華麗で、世界のサッカーファンから愛された。 (C) Getty Images

画像を見る

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、バルセロナ時代の同僚リオネル・メッシについて語った。

 2004年10月にメッシがトップチームデビューを飾ってからイニエスタが神戸に移籍する昨年5月までの約14年間、二人はバルサの華麗なる攻撃を牽引して合計33個のタイトルを獲得。世界のサッカーファンを唸らせてきた。

 とりわけメッシのパフォーマンスはバルサの歴史で見ても図抜けており、通算585ゴールはクラブ歴代最多。2位のセサル・ロドリゲスの232ゴールを大きく上回っている。今シーズンもすでに公式戦で33点を叩き込んでいるアルゼンチン代表の天才FWは、31歳となったが、そのプレーに陰りは一切見られない。

 いまだまばゆい輝きを放ち続けるかつての同胞について、『DAZN』の取材でイニエスタが口を開いた。自身も「スペインの至宝」と呼ばれ、その類まれなプレーで目の肥えたバルサ・ファンを沸かせてきたイニエスタだが、彼は3歳年下のメッシを「今も、これからも、違いを生む格別のプレーヤーだよ」と絶賛した。

「レオは誰よりも得点するのに、アシスト数も多い。彼は、自分の望むプレーが何でもできるんだ。彼が現役でプレーすることを望む限り、ずっとトップに君臨し続けるだろうね」

 神戸移籍後も、「彼のプレーの一つひとつを楽しんでいるよ」と、その存在を気にかけていることを明かしたイニエスタ。Jリーグで段違いのプレーを見せている元スペイン代表にこうも言わせてしまうメッシ……。やはり彼は異次元の選手である。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ