「寂しかったぞ! マヤ!」 久々の出場で完封勝利に大貢献した吉田麻也の“キス動画”にファン熱狂!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月28日

残留争いの真っ只中にいるチームに貴重な3ポイントをもたらす

ベテランらしい落ち着いた振る舞いで守備を牽引した吉田。その出来にファンが熱狂した。 (C) Getty Images

画像を見る

 アジアカップでの激闘を終え、クラブに戻ってから苦戦の続いていた日本代表DFの吉田麻也がようやくピッチで真価を発揮した。

 現地時間2月27日に行なわれたプレミアリーグ第28節でサウサンプトンはフルアムを2-0で撃破した。吉田はこの試合で公式戦7試合ぶりに出場し、完封勝利に大きく貢献した。

 今年1月2日に行なわれたチェルシー戦(プレミアリーグ第21節)を最後にアジアカップに出場するため、約1か月の離脱を余儀なくされていた吉田。その間にサウサンプトンは3バックの陣容をヤン・ベドナレク、ジャック・スティーブンス、ヤニク・ヴェステルゴーで固定していたため、日本代表DFは復帰後も2試合連続でベンチを温めていた。

 フルアム戦の前には地元紙『Daily Echo』の取材に対して、「代表チームでプレーするために1か月もチームを離れることになれば、ポジションを失うことになると理解していた」と話しながらも、「それでも、いつものようにチャンスを待っている間は100パーセントを費やす」と語っていた吉田にようやくチャンスが訪れたのである。
 

 チームが23分に先制点を挙げ、さらに40分に追加点を決めるなどテンポよくゲームを進めたこの日、3バックの中央で起用された吉田は、ベドナレクとヴェステルゴーとともに巧みにラインを操舵。アレクサンダル・ミトロビッチとライアン・バベルという強力2トップを擁するフルアム攻撃陣を見事に封殺したのである。

 試合後、ファンは、復帰初戦で完封というDFとして最高の結果を残した吉田に熱狂した。その興奮を煽ったのはセインツ(サウサンプトンの愛称)の上げた一本の動画だった。

 サウサンプトンが公式ツイッターに「この男を見て楽しんでください」と紹介してアップしたのは、ロッカールームに引き返す吉田がカメラに向かってキスをする動画。これに多くのセインツ・ファンは「寂しかったぞ! マヤ!」や「やっぱりレジェンドだ」、「もっとくれ! ヨシダ」、「イエス! 今宵の彼はとてもしっかりしていた」、「今や君は私たち全員のカルトヒーロー」といった熱きコメントが並んだ。

 在籍7年目のクラブ最古参となっている吉田の存在が、降格圏から勝点2差の17位と残留争いの真っ只中にいるチームにおいて貴重なのは言うまでもない。シーズン終盤戦に向けて熾烈さを増してくるなか、そのパフォーマンスからは目が離せない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ