「いま彼がなすべきことは…」出番がない武藤嘉紀についてベニテス監督が注目発言!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月26日

アジアカップ後はベンチ入りさえなし

ターンオーバーが想定される火曜日のバーンリー戦で武藤(右)の出番はあるか。ベニテス監督(左)へのアピールを果たしたい。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 プレミアリーグで2試合連続のベンチ外となっているのが、ニューカッスル・ユナイテッド所属の日本代表FW、武藤嘉紀だ。

 アジアカップ参戦のためおよそ1か月間不在となり、2月上旬にチームに合流を果たしたものの、まるで出番が巡ってこない。ピッチに立ったのは1月2日の第21節、マンチェスター・ユナイテッド戦の残り9分間が最後だ。

 地元有力紙『Chronicle』は「950万ポンド(約14億2500万円)で夏にやってきたストライカーは、ボクシング・デー(昨年12月26日のリバプール戦)以来、先発を飾っていない。アジアカップで1か月離脱していたとはいえ、明らかにスタメンの序列を下げてしまっている」と分析。そのうえで、ラファエル・ベニテス監督の“ムトウ評”を紹介している。

「彼はとても熱心に練習しているし、良い取り組みを見せてくれているよ。十分満足のいくものを示してくれてはいるが、いまは、セカンドストライカーとしてどうプレーすべきが彼にとって大切だ。非常にポジティブだし、本当に精力的に練習に励んでいる。チームに加わるためにいまの彼がなすべきは、そのハードワークを続けることだ」

 
 4-2-3-1または4-4-2システムが採用されるなか、前線の基準点はサロモン・ロンドンの定位置となっており、セカンドトップあるいはトップ下の位置には、依然としてホセル、アジョセ・ペレスのふたりが幅を利かせている。ただニューカッスルは、土曜日のハダースフィールド戦でフルメンバーを組まず、指揮官も認める通り、何人かの選手をあえてベンチ入りさせなかった。中2日の強行軍で、火曜日のバーンリー戦に臨まなければならなかったからだ。

 負傷明けのジョンジョ・シェルビーやキ・ソンヨンらとともに、武藤にもいよいよ出番が回ってくるか。現在15位で降格圏を脱し、今季2度目の連勝を狙うニューカッスルにとっては、勢いをつける意味でもきわめて重要なホームゲーム。武藤は目に見える結果を残して、ふたたび声価を高めたいところだ。
【関連記事】
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「武藤さん、腹筋やばすぎ!」堂安律が公開したプールサイドの“サムライ3ショット”にファン反響!|アジア杯
「178やって」「羨ましい」アラベス乾がレアル15歳“ピピ”中井と笑顔の再会! 身長差はついに…
激震! チェルシーに今夏と来冬の補強禁止処分が下る…アザールの移籍やサッリ解任にも影響か
ポグバ復活の秘密は「奇抜なヘアスタイル」にあり!? マンUの“王様”カントナが独自の分析

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ