ゼロックス杯でさっそく爆発!川崎の新助っ人L・ダミアンが名刺代わりの先制弾

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月16日

ゴール前のこぼれ球に素早く反応して左足を一閃!

期待の新助っ人L・ダミアンが早速結果を残した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨シーズンのリーグ王者・川崎フロンターレと天皇杯覇者・浦和レッズが対戦する富士ゼロックス・スーパーカップが、13時35分にキックオフされた。
 
 両チームともに注目の新戦力がスタメン出場。川崎は元ブラジル代表のレアンドロ・ダミアン、一方の浦和は杉本健勇が先発に名を連ねた。
 
 試合は立ち上がりから川崎がボールを回してチャンスをうかがい、浦和は守備を固めてカウンターを狙う構図となる。
 
 川崎は徐々に攻勢を強め、29分にはL・ダミアンが強引にゴール前に持ち込んで横パスを出し、エリア内で小林悠がシュート。これは上へ外れた。直後のセットプレーでは、中村憲剛のクロスを車屋紳太郎が落とし、最後は谷口彰悟が詰めたが、オフサイドの判定でゴールならず。さらに37分にも小林のクロスをL・ダミアンが頭で合わせてネットを揺らすも、再びオフサイドを取られた。
 
 一方の浦和は時折カウンターやセットプレーでチャンスを作ったが、決定機に持ち込むまでには至らない。そのまま前半は0-0で終了した。
 
 後半に入ると浦和が杉本に代えてアンドリュー・ナバウト、エヴェルトンに代えて阿部勇樹を投入。一気に二枚を入れ替えて戦況を動かしにかかる。
 
 しかし、先制したのは川崎だった。52分、左からのクロスをL・ダミアンが頭で落とすと、中村を経由して再びL・ダミアンの元へ。元ブラジル代表FWは、このボールをダイレクトボレーで合わせ、浦和ゴールを射抜いた。

 結局、このゴールが決勝点になり、川崎が1-0で浦和を撃破。2019年シーズン初のタイトルマッチを制した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ