イカルディはなぜ「キャプテン剥奪」に? お騒がせな妻ワンダ・ナラが一因か…

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月14日

シーズン中のキャプテン交代は超異例だ。

イカルディ(左)とワンダ・ナラ(右)は以前から一蓮托生とお互いに繰り返すが…。(C)Getty Images

画像を見る

 インテルが大きな決断を下したのは現地時間2月13日。FWマウロ・イカルディからキャプテンマークを剥奪し、今後はGKサミール・ハンダノビッチが主将を務めると発表したのだ。言うまでもなくシーズン中のキャプテン交代は超異例だ。
 
 イカルディは13年夏にサンプドリアからインテルに加入し、すぐに得点源となる。15年夏にはアンドレア・ラノッキアから腕章を引き継ぎ、以降はエース&キャプテンとしてネッラズーロに君臨してきた。
 
 しかし、ここにきてまさかの腕章剥奪。さらに同日に発表されたELラピド・ウィーン戦に向けた招集メンバーからもイカルディは外れていた。その理由についてルチャーノ・スパレッティ監督は、記者会見でこう語っている。
 
「イカルディからキャプテンマークを返してもらうことは、難しく痛みを伴う決断だった。だがこの決断は、チームとクラブのため、すべてインテルのために下された。イカルディは周りの環境に乱されていた。ラピド・ウィーン戦にはイカルディも招集していた。しかし、帯同を望まなかったのは彼だ。落ち込んだのだろう」
 
 イカルディのキャプテン剥奪理由について一部では、契約延長交渉の停滞が報じられたが、どうやら違うようだ。『gianlucadimarzio.com』によれば、イカルディの態度、そして妻で代理人のワンダ・ナラがその原因だという。
 
 普段のイカルディはロッカールームでほとんど口を開かないタイプのキャプテンで、さらに困難な際にリーダーシップを発揮することも稀だったという。年明け以降のインテルはセリエAで1勝1分け2敗と不調だったが(イカルディもノーゴール)、苦しい時期にこそ踏ん張りが求められるリーダーのとしての役割を、こなせなかったということだろうか。
 
 さらにワンダ・ナラについても、やはりインテルは問題視しているという。クラブや監督、チームメイトに対する辛辣かつ挑発的なコメントが多く、物議を醸し続けてきたからだ。
 
 以前から公の場で「ナポリやマドリーからオファーがあった」、「違約金(1億1000万ユーロ)を払う準備があるクラブは複数ある」とコメントすれば、最近も「夏にインテルはユベントスにマウロを売ろうとしていた」、「インテルはもっとマウロを守るべき。クラブ内部から嫌な噂が出てくる」と止まらない。さらに「マウロとラウタロ・マルティネスは一緒にプレーすべきかもね」と監督に対する越権行為とも取られかねない発言もあった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ