ラムジーのユベントス移籍が決定! 年俸はC・ロナウドに次ぐチーム2位!

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月12日

多くのクラブが興味を示すもユベントスが争奪戦を制す。

夏のユベントス移籍が決まったラムジー。(C)Getty Images

画像を見る

 ユベントスは現地時間2月11日、ウェールズ代表MFのアーロン・ラムジーが2019年7月1日から加入すると発表した。現在所属するアーセナルとは今夏で契約満了を迎えるため移籍金はゼロで、2023年6月30日までの4年契約となる。
 
 年俸は非公表だが、移籍情報の確度には定評がある『gianlucadimarzio.com』によれば、700万ユーロ(約9億1000万円)+ボーナス。ユベントスではパウロ・ディバラと並ぶチーム2位の高給を稼ぐことになる(1位はクリスチアーノ・ロナウドの3100万ユーロ)。
 
 1990年12月26日生まれで現在28歳のラムジーは、カーディフの下部組織で育ってプロデビューし、2008年夏にアーセナルへ移籍。これまで公式戦通算357試合で61得点の成績を残してきた。
 
 2019年夏で契約満了を迎えるため去就が注目され、バイエルン、レアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・U、インテル、ミラン、パリSGなど複数の強豪クラブが興味を示していたが、ユベントスが争奪戦を制した。
 
 ラムジーは自身のツイッターでこうコメントしている。
 
「僕はユベントスと事前契約を結んだ。極めて忠実で、支えてきてくれたアーセナル・ファンに自分で報告したかった。みんなは10代だった僕を歓迎してくれた。感謝している。素晴らしい11年を過ごしたノースロンドンを離れるのは心が痛むよ。トリノに向かうまでは100%を尽くすし、素晴らしいシーズンを送れることを望んでいる」
 
【関連記事】
ヴィッセル神戸での「報酬」よりもユベントスでの「名誉」を…ウルグアイ代表DFの狂気的な選択とは?
「アーセナルみたいに弱い!」元リバプールDFキャラガーがマンCに大敗のチェルシーを酷評!
“神対応”の理由は!? バルサ加入のボアテングがファンのゲーム課金代を支払う!
火災で急逝した後輩たちへ…パケタがミラン初ゴールを捧げる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月1日発売
    夏の恒例企画が登場!
    2019-2020シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ