観光ビジネスでも香川真司フィーバー!? 5月のダービーは「日本人が見やすい時間」に変更か

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月07日

観光促進にも大きな影響力が

入団記者会見で現地記者に日本語で引き留められ、思わず笑顔になる場面も。 (C) Getty Images

画像を見る

 ”カガワ・フィーバー”がその範囲を拡大し続けている。

 今冬、ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントからトルコのベジクタシュに期限付きレンタルで移籍した香川真司。新天地での初ゲームとなったアンタルヤスポル戦では、途中出場ながら3分間で2ゴールを決める鮮烈なデビューを飾り、現地および日本のサポーターを熱狂に誘っている。

 この“カガワ・フィーバー”の到来に伴い、トルコ国内では観光客の増加にも期待が高まっているようだ。奇しくも2019年は、トルコの文化観光省が「日本におけるトルコ年」として同国の文化や芸術を紹介するイベントなどを開催するキャンペーンを行なっており、香川がトルコに移籍した話題性との相乗効果で、観光客増加が期待されている。

 地元紙『DAILY DABAH』は「カガワの影響力はトルコ国内にとどまらない」とし、デビュー戦は日本人ファン、そして世界中のサッカーファンが見届けていたと報じている。

「彼の奇跡のようなデビュー戦は、ソーシャルメディアを通じて幅広く拡散された。SNS上では、トルコサポーターはもちろん、日本人のコメントも非常に多く寄せられていたことは周知の事実だろう。また、日本以外からの関心を引き寄せる可能性も秘めている。デビュー戦以降、SNSでは世界中のサッカーファンの間で香川とベジクタシュに関する話題が持ち上がっているからだ。

 だからこそ香川の存在は、トルコを訪れるきっかけとして多大な貢献をするはずだ。事実、日本と世界のフットボールファンは、トルコを訪れることに興味を持ち始めている」

 そして今後目玉となりそうなのが、5月5日に予定されているダービーマッチだ。ベジクタシュと同じイスタンブールを本拠地とするガラタサライには、日本代表DF長友佑都が所属している。異常な盛り上がりを見せることで有名な両チームの対戦は、現地でも非常に人気が高いが、今回はさらに日本から大勢の観光客が訪れる可能性が高い。

 同紙は「ダービーについては、トルコ・サッカー連盟(TFF)に驚くべき申し入れがあった」と報じた。

「日本市場にサッカー放送を販売している国内の代理店は、シュペル・リギの放送権を所有するテレビ局beIN SPORTSと連名で、TFFに『当該試合のキックオフ時間を午後3時(日本時間21時)に早めてはどうか』という申し入れをした。ナイトゲームからデイゲームに変更することで、多くの日本人視聴者が香川と長友の対決を観戦できるからだ」

 香川のトルコ行きは、ビジネス面でもトルコ、日本の両国で新たな“フィーバー”を巻き起こしそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ