「この先は正直分からない…」香川真司がベジクタシュ入団会見で今季終了後の去就について言及!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月05日

華々しいデビューについても改めて回想

2日のデビュー戦で強烈なインパクトを残した香川。会見では移籍を決めた理由についても語っている。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月5日、ベジクタシュに移籍したばかりの日本代表MF香川真司が、入団会見に臨んだ。

 先月31日に閉じた移籍マーケット最終日に、トルコの強豪ベジクタシュに移籍した香川は、3日に行なわれたシュペル・リギ第20節のアンタルヤスポル戦で、80分に途中出場を果たしてからわずか3分の間に2ゴールを挙げる離れ業をやってのけ、華々しいデビューを飾っていた。

 デビュー戦の2日後、改めて入団会見に臨んだ香川は、初陣について次のように振り返っている。

「僕自身、いきなり試合に出て、しかもファーストタッチでゴールを決められるとは、想像もしていなかったです。本当に夢のような感じで、あの日の出来事はこれからも一生忘れないことですし、嬉しく思います。ただ、まだ1試合にすぎないとも思っています」

 また、今回の契約内容についても本人が言及した。

 クラブの公式では、今シーズン終了後の6月までとなっている契約だが、一部のメディアは160万ユーロ(約2億8000万円)での買い取りオプションが付随していると報じている。その問題について記者から質問が飛ぶと、香川は「契約は夏までということで、その先は正直わからないです」と語り、さらに真剣な表情で続けた。
 
「1試合、1試合、僕は続けていくだけかなと思っています。少しでもチームの順位を上げて、良い形でシーズンを終われるようにチームの力になりたい。その一心でやってきたので、それを達成できるように日々、ハードワークをやっていくだけかなと。それ以上のことは今、考えてないです」

 また、移籍した理由に「素晴らしいスタジアムとファン」の存在を口にした香川は、日本代表DFの長友佑都が所属するガラタサライとのイスタンブール・ダービー(現地5月6日シュペル・リギ第31節)への意気込みも口にした。

「僕はドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドの素晴らしいスタジアムでプレーしてきましたけど、やはり雰囲気のある試合はなかなか経験できるものではないので、この後半戦はそれも楽しみにしたいです。そして必ず勝って、彼ら(ファン)が試合後に喜びを爆発できるように頑張っていきたい」

 会見の終盤には、現地の記者から日本語で、「シーズンの最後に行かないでください。何年も一緒にいてくれ。カガワ」と声をかけられる一コマもあったが、それには、「ありがとうございます。素晴らしい日本語ですね。本当に期待に応えられるように集中したい」と笑顔で返していた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ