名古屋のジョーが2年連続得点王へ“確信”のスタート! 世界的FWの集結には「Jリーグが強くなる」と大歓迎

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2019年02月06日

札幌との練習試合では厳しいマークに遭い無得点に終わったが…

雨中で行なわれた名古屋と札幌の練習試合。ジョーには厳しいマークが集中した。写真:滝川敏之

画像を見る

『得点王』という肩書きは相手から見れば脅威であり、必要以上の警戒を与える。18年シーズン、来日1年目で24得点を挙げて得点王に輝いた名古屋FWジョー。5日の練習試合・札幌戦(沖縄・黄金森公園)ではタイトなチェックに遭い、無得点に終わった。

 札幌DF宮澤が常にジョーの背後に付きまとい、易々とはボールキープをさせてくれなかった。なんとかキープしてもボランチとの連係で挟みに行く形を作られ、何度もファウルで止められた。それは敵陣の高い位置だろうが、低い位置だろうが変わりない。大雨の影響でボールコントロールがままならない状況。タイから続くキャンプでの疲労。何よりもMFマテウスやMF米本ら新戦力が加わり「まだ(始動して)1か月も経っていない。僕だけではなく、チーム全体として100%ではない」(ジョー)準備段階であること。結果に一喜一憂する時期ではないが、対戦相手の“2年目のジョー”への強い警戒心は見て取れた。今季初のJ1クラブとの対外試合。それは2本目の10分過ぎまでプレーしたジョー自身も感じ取っていた。

「守備でのマークが厳しくなるのは予測しているよ。昨シーズン、得点王になったことで、簡単にプレーをさせてもらえない部分は増えるだろうね」

 昨季は夏場以降、ジョーにボールが入った瞬間に攻撃のスイッチが入る展開が多くなった。そして一瞬でもスキがあれば、ゴールを陥れることができる能力を見せつけた。相手からすれば一瞬たりとて自由な時間を与えたくないのは自明の理。ただ2年目の厳しさはイメージできている。自信に揺るぎはない。
 
「自分のコンディションが良ければ、そこに対しても上手く対応していくよ」
 シーズン途中から得点を量産した背景には夏場の減量があったが、その経験は今季にも生きている。昨年の沖縄キャンプと比べればスリムな体型をキープ。意識変革と継続性の2つが備わっているからこそ「僕としては去年よりも良いスタートを切れると確信している」と言い切れるのだろう。
 
 今年はスペイン代表歴代最多得点をマークしているFWダビド・ビジャが神戸に加入。ロンドン五輪の大会得点王に輝いたFWレアンドロ・ダミアンが川崎に加わった。世界的ストライカーが集うなか、ジョーは「すごく嬉しいね。Jリーグが強くなるし、世界からも目を注がれる。自分が得点王になれれば良い」とヒートアップするだろう得点王争いにも意欲を示す。だが最大目標は「チームの勝利に貢献できるかどうか」。昨季はシーズン最終戦でJ1残留を決めたが、今季の目標はそこではない。クラッキの目は10年シーズン以来のタイトルを見据えている。
 
取材・文●飯間 健

【沖縄キャンプPHOTO】名古屋4-3札幌|ジョー不発のなかで存在感を見せたのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ