香川真司がド派手デビュー! 投入直後の10秒弾を含む2ゴールを奪ってベジクタシュの快勝に貢献

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月04日

香川、途中出場で即結果を出す!

香川は途中出場ながらゴールという目に見える結果を残した。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地2月3日、トルコのシュペル・リギの第20節が行なわれ、ベジクタシュは敵地でアンタルヤスポルと対戦した。

 ともに来シーズンにヨーロッパでの戦いを目指している6位ベジクタシュと8位アンタルヤスポルの一戦、4日前にドルトムントからの移籍が決定して、注目を集めたベジクタシュの香川真司は先発入りこそならなかったものの、招集メンバーには入ってベンチから戦況を見守った。

 試合は両チームが互いの出方を伺って慎重な立ち上がりとなり、しばらく一進一退の攻防が続いたものの、35分に動く。ベジクタシュのギョクハン・トレが相手GKに倒されてPKを獲得したのだ。

 このビッグチャンスにキッカーのアダム・リャイッチが蹴り込んだボールはセーブされ、こぼれ球をヤルチュンが押し込んでベジクタシュが先制した……かに思われたが、キックの際にヤルチュンがエリア内入っていたことで、やり直しが命じられる。

 しかし、仕切り直しのキックをアダム・リャイッチがしっかりと決めてベジクタシュが先手を取った。

 1点をリードして勢いに乗ったベジクタシュは、39分にも右サイドを攻め上がったアドリアーノのクロスボールをドルクハン・トコズが右足で冷静に流し込んだ。

 あっという間に2点を奪ったベジクタシュの勢いは止まることはなく、42分には相手ゴール前で得たFKのこぼれ球をアティバ・ハッチンソンが押し込んで3点目を奪った。

 3点をリードされて後がなくなったアンタルヤスポルは、後半に入ってから攻勢を強めると50分にスレイマン・ドゥカラが豪快なミドルシュートを決めて一矢報いる。

 
 1点を失ってから守勢に回ったベジクタシュは、しばらくホームチームに主導権を握られたが、67分に速攻から決定機を迎えると、ラッキーな形で4点目を奪う。右サイドに開いたヤルチュンのクロスを相手DFのサリフ・ドルシュンがクリア。これが直接ゴールへと吸い込まれたのだ。

 再び3点差としてベジクタシュが趨勢を定めた81分、ついに香川が登場する。そして、アダム・リャイッチに代わって日本代表MFは、投入から10秒足らずで結果を残す。

 左サイドからのボールを中央で受けるとドリブルで相手ゴール前まで持ち込んで右足一閃! これが見事にゴール左下隅へと決まった。

 挨拶代わりの一点をもぎとった香川の勢いは止まらない。84分にも相手ゴール前で得たFKを直接沈めて、自身2点目を決めたのだ。

 途中出場だったものの、圧倒的な存在感を放ったサムライ戦士のハイパフォーマンスによって点差を広げたベジクタシュは、90分にCKから失点したが、何とか逃げ切って、6-2で見事な快勝を飾った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ