冬に14選手を放出して16選手を獲得…ミラン元オーナーが3部で大暴れ! 「2部昇格に値するチームに」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月03日

まるで別のチームに…。

イタリア3部のモンツァを率いるオーナーのベルルスコーニ(左)とCEOのガッリアーニ(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 ミランに黄金期を築いた頃とは時代が違う。それでもミランの元オーナー、シルビオ・ベルルスコーニのサッカークラブに対する情熱は衰えていないようだ。そして、右腕アドリアーノ・ガッリアーニの敏腕ぶりも…。

 ベルルスコーニは昨年9月、セリエC(3部)のモンツァを買収してオーナーとなった。ガッリアーニをCEOとし、指揮官はミランOBのクリスティアン・ブロッキ。ミラン色を前面に打ち出しての新たな挑戦だ。

 イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ベルルスコーニ時代を迎えたモンツァは、冬のマーケット終了後、まるで別のチームとなっていた。14選手を放出し、新たに16選手を獲得したのだ。新加入組の中には、冬にミラン入りしたルーカス・パケタの兄マテウスも含まれている。
 
 ミラン時代に敏腕ディレクターとして数々のサプライズ補強を実現させてきたガッリアーニCEOは、「我々はセリエBに値する」と豪語し、一新されたチームが昇格にふさわしい戦力になったと胸を張った。

「移籍交渉における興奮は以前と同じだ。私はずっとモンツァを応援してきたから、ミラン時代に選手を獲得していた時と同じ情熱を感じている」

 モンツァは現在5位と昇格プレーオフ圏内に位置している。自動昇格となる首位のポルデノーネとは、勝点13差だ。ガッリアーニCEOは「残り試合すべてでできる限りのポイントを稼ぐことが我々の目標だ」と意気込んだ。

『Il Sole 24 Ore』紙によると、モンツァはこの冬のマーケットで200万ユーロ(約2億6000万円)以上を投じている。ブロッキ監督率いる“新チーム”は、その金額に見合う結果を残せるのか。そして、いつかベルルスコーニ&ガッリアーニがセリエAの舞台に戻る日は訪れるのだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ