地元紙が「残留確定は8選手のみ」と報道! 浮上しきれないインテル、夏に大改革か?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月31日

シーズン終了までの戦いが“テスト”に。

ガゼッタ紙が「残留」と予想したのは、このイカルディなど8選手のみ。(C)Getty Images

画像を見る

 ルチアーノ・スパレッティ監督率いるインテルが、シーズン後半戦の立ち上がりから苦しんでいる。サッスオーロと引き分け、1月27日のセリエA21節ではトリノに敵地で敗れた。

 今シーズンはチャンピオンズ・リーグ(CL)に復活を遂げ、グループステージ敗退に終わったものの、一時は決勝トーナメント進出に迫るなど健闘した。セリエAでも3位につけ、来シーズンのCL出場圏内につけている。5位ローマとは勝点6差だ。

 だが、開幕当初は王者ユベントスからの覇権奪還を期待する声もあっただけに、落胆するサポーターや関係者も少なくない。スティーブン・チャン会長を筆頭とするインテル首脳陣は、1月28日にスパレッティ監督も同席させてディナーミーティングを行なった。

 これを受け、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、シーズン終了までの戦いがインテルの全員にとって“テスト”になると報じている。

 同紙によれば、来シーズンもインテルに残ることが確実なのは、サミール・ハンダノビッチ、クワドォー・アサモア、ステファン・デ・フライ、ミラン・シュクリニアル、マウロ・イカルディ、ラウタロ・マルティネス、マッテオ・ポリターノ、・マルセロ・ブロゾビッチの8選手のみだという。
 
 一方で、退団と予想されたのは、冬のマーケットでの去就も注目されているミランダやイバン・ペリシッチをはじめ、トンマーゾ・ベルニ、ダニエレ・パデッリ、アンドレア・ラノッキア、シメ・ヴルサリコ、ボルハ・バレロ、アントニオ・カンドレーバ、ジョアン・マリオ、マティアス・ベシーノ、ロベルト・ガリアルディーニと、11人にものぼっている。

 続投はタイトルを獲得できた場合のみと言われているスパレッティ監督や、期待に応えられていないラジャ・ナインゴラン、買い取り金額が高額なケイタ・バルデ・ディアオ、ダウベルトとダニーロ・ダンブロージオの両SB、買い取りオプションつきレンタル移籍で加入したばかりのセドリク・ソアレスは、「不透明」のカテゴリーに分類された。

 2010年にジョゼ・モウリーニョの下で3冠を達成し、翌年にコッパ・イタリアを制して以降、インテルはタイトルから遠ざかっている。クラブのオーナーになって2年半、名門復活を目指す『蘇寧グループ』は、夏に大改革へと踏み切るのだろうか。
 
【関連記事】
二度目の欧州挑戦へ! 森保ジャパンGK、権田修一が中島翔哉の所属するポルティモネンセへ完全移籍!!
「ラスト20メートルの彼はスナイパーだ」 ミランのガットゥーゾ監督、いきなり2ゴールの新エースを絶賛!
香川真司の移籍先はリーグ・アンのモナコ? それともスペイン2部のマラガ? 海外メディアが報じる
「中島翔哉はカタールに行く」ポルティモネンセ関係者が認める。ポルトガル紙はパリSG行きを想定と報道
「彼に電話をもらったから来たんだ…」今冬にモナコへ移籍したセスク、アンリの電撃解任に複雑な心境を吐露

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ