功績大も近年は欠場が多く…コンパニの契約延長についてペップは「感情面」の考慮をクラブに要求

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月30日

「誰にでも終わりは訪れる」と言うものの…

ピッチに立てば頼れる存在だが、どれだけプレーできるか……。功労者であるベルギー人DFの去就について、クラブはどのような答を出すだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・シティのDF、ヴァンサン・コンパニは、キャプテンとしてチームの黄金期を支えてきた。プレミアリーグ優勝3回をはじめ、FAカップやリーグ・カップも制した経験を持つ。リーダーとしての存在感は計り知れない。
 
 一方で近年のコンパニが、度重なる負傷に苦しんできたのも事実だ。2012年に結んだ6年契約が今シーズンで満了となるコンパニだが、契約延長に向けてフィットネスの問題がネックともいわれている。
 
 実際、今シーズンもコンパニは、昨年11月以降はほとんど戦線から離脱しており、年末年始の連戦こそ先発出場を果たすも、1月3日のリバプール戦で筋肉を負傷してからは、現在まで戦列を離れたままである。
 
 ジョゼップ・グアルディオラ監督も1月28日、コンパニの契約延長について、「彼は素晴らしい選手だが、この5年間、多くの試合に出られなかったというのも現実だ」と述べた。(英公共放送「BBC」より)
 
「だから、クラブが彼の代理人と話し合い、双方にとって最善となる決断を下すだろう。我々は、彼のクオリティーを一切疑っていない。離脱している時、彼の不在を感じる。重要な選手で、我々のキャプテンだ。彼が与えてくれるプラスをもたらせるDFは、世界にもごくわずかしかいない」
 
 自身は交渉に関わっていないというグアルディオラ監督は、「感情面も非常に重要だということを、クラブには分かっていてもらいたい」と、コンパニの多大な功績を考慮すべきと主張する。
 
「決断するのに重要ではないが、それも感じるべきだ。特に、長くここにいて、今のチームを築く助けとなった選手であれば、なおさらだ。クラブには『OK、終わりだ。去ってくれ』などと言ってほしくない」
 
 だがグアルディオラ監督は、「同時に、誰にでも“終わり”は訪れる。だからこそ、私が決めることじゃないと言ったんだ」ともつけ加えた。
 
「以前のヤヤ・トゥーレがそうだったように、コンパニやセルヒオ・アグエロ、ダビド・シルバのようなケースでは、彼らがクラブと話し合って決めることだ」
 
 確かなのは、コンパニがクラブにとって貴重な存在だと、グアルディオラ監督が考えているということだ。指揮官は、「パーソナリティーやピッチ内外でやってきたことなど、様々な点で彼は特別だ」と話す。
 
「5~7つの言語を操り、コミュニケーション力も高い。我々には、彼が必要だ。我々を代表する人間は重要なんだよ」
 
「新しい選手たちや新たな世代のために彼らがやってきたことは、我々がより大きく、より高くしようとしているクラブを築く助けになってきたと言える」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ