「渡せば、何とかなる安心感がある」。堂安律が改めて感じた大迫勇也の凄み|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

大迫の復帰により、堂安もドリブルで仕掛ける回数が増加

どんな状況でもボールを収めてくれる大迫(右)。その存在は堂安(21番)にとっても大きな意味がある。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 終わってみれば、3-0の完勝。1月28日、日本はイランと相まみえたアジアカップの準決勝を苦しみながらも制した。
 
 劣勢を強いられた前半を0-0で凌ぎ、後半の早い時間帯にエースの大迫勇也が2ゴール。その後は相手の攻撃を跳ね返しながらカウンターを狙い、最終盤に原口元気がダメ押し弾をきっちりと決め切った。
 
 堅実なゲーム運びを見せたイラン戦について、堂安律も胸を張る。
 
「やられる気はしなかったですね。僕自身、インテンシティが高い試合だとは思っていない。毎試合、強度を高くして戦えていると思っている。ただ、相手のほうが疲労したと思いますし、日本人の良さが出た」
 
 勝因については「最後まで走るところ」とハードワークを挙げた堂安。ただ、攻撃面に関しては大迫の存在が大きかったとした。
 

 怪我の影響で2戦目以降はベンチスタートだったが、この試合でエースが先発に復帰。「渡せば、何とかなる安心感がある」と堂安が話した通り、前線でボールを収めて起点となった背番号15の働きは攻撃を活性化させるうえで欠かせなかった。
 
 また、大迫が相手を引き付けたからこそ、自由に仕掛けられたともいう。
 
「1対1をやらせてもらえる場面が増えて、特に後半は生き生きとプレーさせてもらいました。後半はボールに触る時間が増えました」
 
 ハーフタイム以降は相手のゴール前で勇猛果敢なドリブル突破を披露。73分には南野拓実とのワンツーで右サイドを打開し、あわやゴールという決定機を迎えるなど堂安の良さがこれまで以上に引き出された。
 
 大迫の復帰によって、輝きが増した堂安。決勝でもイラン戦同様に自らの特徴を発揮し、チームの勝利に貢献する。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ