「幸運な王者として戻ってくるだろう」「日本が優勝するべきだ」復帰戦でも“半端なかった”大迫勇也を独紙も大絶賛!|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

得点王の可能性も浮上

圧巻の2ゴールを決めて日本を決勝へと導いた大迫。その出色のパフォーマンスをドイツ・メディアも手放しで称賛した。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間1月28日、UAEのハッザ・ビン・ザイードスタジアムで、アジアカップの準決勝が行なわれ、日本代表がイラン代表を3-0で撃破。8年ぶりの大会制覇へあと一歩と迫った。

 キックオフ直後からイランに主導権を握られた日本だったが、相手エースのサルダル・アズムンを徹底マークした冨安健洋を中心とした堅い守りで応戦。すると、スコアレスで迎えた後半に主砲の大迫勇也が魅せた。

 まずは56分、左サイドでボールを回収した南野拓実が供給した絶妙なクロスを豪快なヘディングシュートで決める。これでチームの勢いを生んだエースは67分にも南野が獲得したPKをVAR判定による中断時間にも惑わされることなく冷静に仕留めた。

 後半アディショナルタイム1分に原口元気がトドメのゴールを奪ったが、試合の流れを大きく日本へ手繰り寄せたのは、故障を抱えていたため、初戦のトルクメニスタン戦以来となる先発復帰となったエースの2発だったことは言うまでもない。

 そんな大迫の獅子奮迅の活躍ぶりにドイツ・メディアからも惜しみない賛辞が送られている。大迫が所属するブレーメンの地元紙『Kreiszeitung』は、「オオサコがドッペルパック(2得点の意)で日本を決勝へ導いた」と称賛し、さらに次のように続けた。
 

「なんて1日だろう! オオサコの2ゴールのおかげで日本は決勝へ駒を進めた。きっと彼は幸運なアジア王者としてブレーメンに舞い戻ってくるはずだ。決勝の相手はカタールかUAEだが、どちらが相手となっても日本が優勝するべきだ」

 さらにベルリンを拠点に発行されているドイツ紙『Berliner Kurier』が、「元ケルンの王子にしてかつてのスターが、その2ゴールで日本を救う」と綴れば、同じくドイツ公共放送『Deutsche Welle』は、「たった11分間で2ゴールを挙げたオオサコの活躍により日本は悲願の優勝へ迫った。サムライブルーがイランの希望を潰したのだ」と称えた。

 ドイツ・メディアからも賛辞を受けた大迫は、このイラン戦での2ゴールで今大会の得点数を「4」に伸ばして得点ランキングでも2位タイに浮上。7ゴールでトップに立つカタールのアルモエズ・アリとの差はあるものの、アジア得点王の称号を手にする可能性が残されている。

 果たして、日本は、アジア史上最多5度目の戴冠を成し遂げられるのか? その悲願達成には大迫の“半端ない”活躍が必要不可欠だ。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?
 
【関連記事】
【イラン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「本当に自分を恥じている…」日本戦の“蛮行”で大バッシングを受けたイランのエースがSNSで謝罪|アジア杯
「スポーツマンシップはどこへ?」「道徳と試合の両方を失った」イラン代表FWの振る舞いに海外からも批判|アジア杯
「サムライを前に為す術なし」「身勝手な判断で…」日本に完敗。イラン・メディアは問題のセルフジャッジを厳しく指摘|アジア杯
【イラン戦|戦評】攻守が噛み合った今大会のベストゲーム。光ったのは森保ジャパンの真骨頂だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ