VARにゴールを取り消された吉田麻也 「手に当たったかなと思うところもあったので…」|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月25日

「僕たちのミスでカウンターを受けることに」

日本代表のキャプテンでありDFリーダーは、「個人的にもパフォーマンスは良くなかった」とベトナム戦を振り返った。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保一監督率いる日本は、アジアカップ準々決勝でベトナムと対戦。堂安律のPKで奪った1点を守り抜き、ベスト4進出を決めた。

「冨安君が決めたので僕も」と、セットプレーからの得点に意欲を見せていた吉田麻也は、その宣言どおりに24分、柴崎岳が蹴ったCKを頭で押し込んだ。しかし、このゴールはのちにVARによってハンドと判定され、取り消される。

「手に当たったかなと思うところもあったので仕方ない。でも、後半(VARでPKを)取れたのでフィフティーフィフティーですね」
 
 ベトナム戦の苦戦の原因については、「僕たちのミスでカウンターを受けることになった」と分析。「10番に前を向いた状態でボールを受けさせてしまったために、自陣に戻ってこなければいけなくて、次の攻撃を繰り出せなくなってしまった」と反省した。

 また後半に盛り返せたのは、「パススピードが上がって攻撃のテンポが良くなかった」からだと語ったキャプテンは、今後の戦いに向けた改善点に、「アタッキングサードでの崩しの質を高めることと、決めきること」を挙げている。

 次戦の相手は、中国を3-0の大差で破ったイラン。「どちらが上がってきてもフィジカル的に強い相手なので準備しておきたい」と述べていた吉田は、その中国戦でもゴールを奪った長身FWアズモン擁するイラン攻撃陣を封じ込めるか。注目の準決勝は現地時間28日に開催される。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ