VARに泣きVARに助けられた日本、堂安律のPK弾でベトナムを撃破しベスト4進出!!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月24日

いったんは流された堂安へのファウルがPKに

堂安が自ら奪ったPKを冷静に沈め、日本に貴重な先制点をもたらした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップの準々決勝、日本代表対ベトナム代表は1月24日、UAEのアル・マクトゥーム・スタジアムで行なわれ、日本が1対0で勝利を収め、ベスト4進出を決めた。

 日本は決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦で大苦戦を強いられ、その疲労度が懸念されていたが、スタメンの入れ替えはFW武藤嘉紀に代えて北川航也を起用するにとどまり、その他はサウジアラビア戦と同じ顔ぶれが並んだ。

 試合は、徐々にボールを支配した日本が押し込むが、ベトナムの強固な守備を崩し切れず、逆にカウンターから思い切りのいいミドルを撃ち込まれるなど一進一退の展開に。
 24分にはCKのチャンスを得ると、柴崎岳のキックに吉田麻也が頭で合わせ、ネットを揺らす。日本が先制に成功したかに思われたが、この準々決勝から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって吉田のハンドが認められ、ノーゴールに。日本の先制点は取り消された。

 前半はさらに冨安健洋、南野拓実が決定機を迎えるも決め切れず、0-0で終了した。

 メンバー交代なくスタートした後半、日本は攻撃のペースを上げ、再三ゴールチャンスを創出。そして57分、日本はペナルティエリア内で堂安律がドリブルで仕掛け、相手DFに潰されるが主審の笛は鳴らず。しかし、いったんはプレーが流されたものの、その後程なくしてVARによって、堂安へのファウルでPKが認められる。このPKを堂安自ら落ち着いて蹴り込み、日本がついに均衡を破る。

 日本はその後も攻撃のリズムを保ち、ベトナムを押し込む。そして72分には北川に代えて、大迫勇也を投入。大迫は初戦のトルクメニスタン戦以来の起用となった。

 日本はその後、ベトナムの反撃をきっちりと抑え切り、1対0で勝ち切った。勝利を収めた日本が、2大会ぶりの準決勝進出を決めた。準決勝では1月28日に、中国対イランの勝者と対戦する。

【日本代表PHOTO】日本1-0ベトナム|PKの1点を守り抜いた森保ジャパンがアジア杯ベスト4進出!

【PHOTO】美女に謎の被り物をしたおじさん…日本戦を盛り上げた大熱狂のベトナムサポ特集!
【関連記事】
【ベトナム戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「韓国に優勝してほしい」「PKの判定は妥当」ベトナム代表の智将は最後まで“正直者”だった|アジア杯
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「あんなのPKなんかじゃない」「VARはベトナムを救い、そして殺した」海外ファンの反応は真っ二つ|アジア杯
「日本はこのスタイルでいいの?」海外メディアがベトナム戦辛勝の森保ジャパンに疑問符|アジア杯

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ