• トップ
  • ニュース一覧
  • 【釜本邦茂】堂安はまだまだロッベンにはなれない…両ワイドはもっと縦に仕掛けていくべきだ!

【釜本邦茂】堂安はまだまだロッベンにはなれない…両ワイドはもっと縦に仕掛けていくべきだ!

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月25日

アタッカーを利き足と逆のサイドに置くやり方が、あまり良い方向に作用していない

堂安はPKを奪取して自ら決める活躍を見せたが、釜本氏はもっと縦に勝負してほしいと語る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表がベトナム代表を相手に、なんとか1点を守り切ってアジアカップの4強入りを決めた。今大会はずっとそうだが、相変わらずディフェンス陣が大忙しで、一生懸命に頑張っていたね。

 VARによるゴールの取り消しも、PK獲得の判定もあったなかで、日本は確かに粘り強く戦った。しかし試合内容としては、1回戦のサウジアラビア戦と同様、守備はよく頑張ったが、攻撃はほとんど進歩していないように感じられた。

 もちろん、相手が引いて守るチームだったことで、今回はある程度ポゼッションで上回ることになったが、果たしてボールをどう回せば敵の守備が崩れるのか、そんなことを考えながらプレーしていたようには見えなかった。ボランチは縦を狙うことしか考えていないようだし、ワイドの選手も中に入りがちで相手の選手が密集しているところへ飛び込んでいくような場面が何回も見られた。

 堂安もPKは獲ったけれど、半分の仕事しかやっていない。中へ入っていくばかりで縦がないんだから。自分で持ち上がってペナルティエリア付近まで行っているのに、そこでまた中央を見てパスを狙ってしまう場面もあった。同じことを繰り返して、同じ展開が延々と続いていた。これでは、まだまだ日本のロッベンにはなれないよ。
 
 日本は左利きの堂安を右サイドに配置し、右利きの原口を左サイドに置いているが、今大会に関しては、この利き足と逆のサイドに置くやり方が、あまり良い方向に作用していないように見える。堂安にしても原口にしても縦に勝負を仕掛けるというより、カットインで中に入って自分でシュートを打とうとするプレーが多い。それ自体は悪くないが、やっぱりそこを封じられると後方へパスを出すか、あるいは中で潰されてしまうか……ということになる。

 相手の研究もあるかもしれないが、日本の攻撃がどうも中央に偏ってしまうのは、こうした選手の配置にも問題点があるのではないか。攻撃のバリエーションという面でも、ドリブルで縦に仕掛けて相手の組織を切り裂くというシーンが少ないように感じられる。とにかく、日本の攻撃はまだまだ未成熟と言えるだろうね。
 
【関連記事】
【ベトナム戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本1-0ベトナム|採点&寸評】準決勝へ不安しか残らない内容。及第点と言えたのは…
「あんなのPKなんかじゃない」「VARはベトナムを救い、そして殺した」海外ファンの反応は真っ二つ|アジア杯
恐るべしイラン!中国を粉砕して日本が待つ準決勝へ。FWアズモンは要警戒|アジア杯
「ドウアンが準決勝への扉を開いた」オランダ&ベトナム・メディアが堂安律の冷静さを絶賛 |アジア杯

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ