【神戸】始動日に紅白戦を実施!気になるビジャ、イニエスタ、ポドルスキの起用ポジションは?

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年01月18日

昨季とは異なり、4-3-3に近いシステムを採用

紅白戦のフォーメーション。注目のビジャはポドルスキと同チームに。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

神戸は17日に始動。選手たち初日からハードなトレーニングに汗を流した。写真:川本学

画像を見る

 ヴィッセル神戸が1月17日、2019年シーズンの活動をスタートさせた。
 
 阪神淡路大震災の被害者への黙とうの後に行なわれた、今年初のトレーニングでは、ランニングなどの調整メニューから開始。するとフアン・マヌエル・リージョ監督は、最後に紅白戦を実施。C大阪から加入した山口蛍が「休み明けにいきなりゲームというのは、今までやったことはない。新鮮だった」と驚いたように、始動日からゲーム形式のメニューを組み込むのは珍しい。リージョ流の一端が垣間見えた。
 
 試合は、ブラジルのセアラーへの期限付き移籍から復帰したウエスクレイのゴールで、ビブス組が勝利したが、気になるのはフォーメーションとメンバーだろう。
 
【ビブスなし組】
GK:前川
DF:藤谷、那須、宮、初瀬
アンカー:山口
インサイドハーフ:ポドルスキ、郷家
FW:安井、ビジャ、古橋
 
【ビブス組】
GK:吉丸
DF:西、大﨑、渡部、橋本
アンカー:三原
インサイドハーフ:ウエスクレイ、三田
FW:小川、田中、中坂
 
【フリーマン】
イニエスタ

 昨季リージョ監督が採用していたのは、主に4-3-2-1。1トップを頂点に、ポドルスキとイニエスタがシャドーを組む形だ。しかしこの日、採用したのは4-3-3に近いシステム。
 
 ビブスなし組では、ニューヨーク・シティから加入したビジャがセンターフォワード、C大阪から来た山口はアンカー、G大阪から加わった初瀬は左SBで起用された。
 
 一方のビブス組では、鹿島から加入した西が主戦場の右SB、ウエスクレイと同じくレンタル復帰組の小川(←湘南)、中坂(←ペララーダ)は、左右のウイングを担った。
 
 もっとも単なる11対11のゲームではなく、イニエスタがフリーマンとして使われたり、中盤とウイングが流動的にポジションを変えたりと、システムに強いこだわりはないようだ。
 
 果たして、新シーズンの神戸はどんなメンバー構成となるのか。大型補強でスケールアップしたスカッドを束ねる、リージョ監督の采配に注目が集まりそうだ。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ