【選手権】準V流経大柏の1年生守護神が見せた涙。本人が語った「後悔」と先輩GKが語った「感謝」

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2019年01月15日

「大事な場面で止められず、勝負弱さを感じた……」

流経大柏のゴールを守った1年生守護神の松原。決勝では3失点も大会を通じて随所にスーパーセーブを披露した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権・決勝]流経大柏1-3青森山田/1月14日/埼玉
 
「スコアを見て、情けないという気持ちだけでした」
 
 流経大柏の1年生守護神・松原颯汰にとって、埼玉スタジアムの電光掲示板に刻まれた1−3というスコアは、非常に重かった。
 
 前半32分にCB関川郁万(3年)のヘッドで先制に成功したが、40分にすぐに同点ゴールを浴びてしまった。MF天笠泰輝(3年)のミドルパスにFW佐々木銀士(3年)が抜け出して独走。ゴールに並行した折り返しを青森山田のエース・檀崎竜孔(3年)に叩き込まれた。この時、松原は左右に振り回され、シュートコースを抑えることはできなかった。
 
 後半18分にはMFバスケス・バイロン(3年)に右サイドを個人技で破られ、マイナスの折り返しを許すと、ファーサイドで待ち構えた檀崎のシュートの弾道を、松原は見送るしかできなかった。そして同43分に天笠のラストパスに交代出場のFW小松慧(3年)が完全に抜け出すと、松原の飛び出しもむなしく、試合を決定付ける3失点目を浴びた。
 
 率直に言えば、3失点とも完全に崩されており、松原だけを責めることはできない。むしろかなりGKとしては厳しいシチュエーションの3失点だった。
 
 とはいえ、こうした慰めの言葉は彼の心を癒すものにはならない。現に試合後のミックスゾーンで松原の目には涙が残り、言葉に詰まることが多かった。
 
「……何もできなくて悔しいです……。自分がプレッシャーとか、そういうのに弱い人間だと思いました。大事な場面で止められず、勝負弱さを感じました……。失点も背後をとられる前にディフェンスラインと、もっとコミュニケーションをとれていたら……。この1年を通して、そのコミュニケーションの重要性を感じました」
 
 あまりにも重い3失点。だが、「星稜戦のビッグセーブがなかったら、埼玉スタジアムには来られなかったかもしれない。それ以外でも決定的なピンチを何度も救ってくれた。心から感謝をしているし、本当に凄い選手だと思います」とFC琉球に内定しているGK猪瀬康介(3年)が語ったように、この大会で松原の存在は非常に大きかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ